読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

What brought you to Miyazaki?

宮崎を訪れた外国人に質問しまくって記録してます。

小林の農家民泊研修へ潜入!そして温泉郷へ~北きりしまを感じて~

おのれスギ花粉…!!!

みなさまこんにちは。花粉症で悶絶している宮崎インバウンド隊のAoiがお送りいたします。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319145022j:plain

道の駅ゆ~ぱるのじりで買った大福。モチモチウマー

 

今回は、Aoi&Asukaが最近入り浸りがち(笑)な、畑の宿 づのかんぽ(オーナー:Yasuyoさん)で、北きりしま田舎物語推進協議会の農家民泊部会研修が行われるとの情報をキャッチ!Yasuyoさん、いつもありがとうございます。

 

 

Aoiの前情報によるイメージは、北きりしま田舎物語は修学旅行生などの団体を受け入れるキャパシティを持った、横の繋がりががっちりしている農家民泊団体、というもの。現在140名の受け入れが可能なんだそうです。受け入れ可能件数は何と45件!

 


3桁規模でガッと受け入れられるキャパ、しかもそれが地域に密着したものって、なかなか無いのでは?

 


しかも今回の講師は野菜ソムリエYasuyoさん、『野菜ソムリエによる野菜を美味しく食べる講座』ですって…!?

 


行かねば

 

ということで、朝イチで車を走らせて向かったのでした。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319135833j:plain

素敵なキャッチコピー

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319140650j:plain

 

 

おお、ジャケットがオレンジ・・・!いかにも部会、という感じです。
それにしても、こんなに人数がしっかり集まるんだ…団結力がすでにすごい雰囲気!

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319140709j:plain

おいしい和紅茶と今日のレジュメ

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319140730j:plain

ハイビスカスジャムとブルーベリージャム、梨のドライフルーツを添えて(Aoiの大好物)

 

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319140916j:plain


今回の講座は、「雨の日のアクティビティにいつも困ってる」という受け入れ先の皆さんからの要望を受けて実現したものとのこと。「なぜ旬のお野菜を食べるのがよいことなの?」ということをベースに、Yasuyoさんがいつも行っている畑ツアーの紹介を口頭で。雨の日でも傘をさしつつ畑を楽しめるものなんだそうです。



f:id:miyazakiiinbound01:20170319140803j:plain

づのかんぽの畑。ニホンミツバチが来ていました

 

春夏秋冬の旬野菜の特徴や、野菜の切り方で変わってくる、美味しい野菜の選び方などなど。

 


春野菜は苦味が強いものが多いが、デトックス効果がある。

夏野菜、例えばきゅうりは栄養が無い無いと言われがちだけど、塩分調整してくれるカリウムがたっぷり入っている!etc...


「きゅうりって栄養無いんでしょ」などと言われがちですが、とんでもない!!!一側面だけ見て判断することの愚かさを感じた講義タイムなのでした。

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319150712j:plain

 


しっかり学んだ後は、みんなでカレー作り!

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319141056j:plain

どどんっ

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319141040j:plain


羽釜と呼ばれる釜で炊いたご飯。お、美味しそう…

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319141218j:plain

 


大根や人参は切り方で味が変わる!「えー!すごいー!」と嬌声があがります

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319141304j:plain

 

ドライフルーツでお茶を準備。Yasuyoさん、ドライフルーツも作ってらっしゃるんです。最高に美味しい。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319141322j:plain

お花がかわいい

 

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319141505j:plain

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319141520j:plain

みなさんの素早いチームワークにより、あっ!?という間に完成!お野菜たっぷりカレー。長ネギにセロリやしいたけ、さつまいもなどがたっぷり。

 


「カレーといえば人参じゃがいも玉ねぎお肉」の固定観念をブチ壊す最強に美味しいカレーでした!

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319141451j:plain

 

今回の参加者は23名、事務局の方や受け入れ農家の方とお話してきました。

 

 

ある農家さんでは、外国人の個人客が英語で問い合わせしてくる事が昨年と比べて増えているとか。細かい部分のコミュニケーションがなかなか難しいらしいのだそう。

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319141743j:plain

ハイビスカスティー。すっぱ美味しい

 

今後、インバウンドを軸にしたいというお声もあり、このエネルギーはぜひ世界に感じていただきたい!と強く思ったのでした。

 

まだ見ぬ世界を体験したい「ひと」と、現地の「ひと」を繋ぐ。
そしてそれには、ガイド育成が不可欠。
「事実」と「想い」をある意味冷静に分けて、『適切に』相手に伝えるのは母国語でも難しかったりするところ。
ぶっちゃけAoiもだいぶ感情や想いが入ることが多くてドン引かれることもしばしばなんです。だって好きなんだもん。


旅人が何を求めてきてるのか、何にグッと来るのか、独りよがりでないコーディネートとは…?を改めて考えるきっかけとなりました。

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319141905j:plain

 


ここまで来たら、京町温泉郷まで行くっきゃない!とスイッチが入り、更に西へと車を走らせてきました。

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319142005j:plain

京町観光ホテル

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319142333j:plain


立ち寄り湯で400円也。効果もたくさんなのにこのお値段…!タオルは別売り200円。足を伸ばしてぼーーーっと癒やされました。

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319142232j:plain

  

無人駅…!!!千と◯◯の◯隠しみたいな雰囲気やな…と。味わい深い。個人的にはかなり興味深かったです。

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319142251j:plain

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319142427j:plain

スタンド・バイ・ミーできちゃうんじゃないの

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170319142547j:plain

 

駅前でにっこり田の神さぁ軍団。田の神さぁは街の至る所にあるということで、探してみるのも面白いかもしれません。それにしてもいい笑顔。

 

 田の神さぁ:田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。(中略)田の神のことを、地元では「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。えびの市内には約150体の田の神が残されています。

「田の神さぁ」ってなに? - 宮崎県 えびの市観光協会

 

 

 

京町温泉郷、いたるところに温泉施設がありました。時間が限られていた為、すべて見切れなかった事が無念…。北きりしま田舎物語の方に教えて頂いた白鳥温泉など、まだまだ見どころはたくさんありそうです。

 

shiratori-onsen.com


宮崎インバウンド隊、これからも宮崎の東西南北を駆け回ります!