読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

What brought you to Miyazaki?

宮崎を訪れた外国人に質問しまくって記録してます。

アンニョン!宮崎市No.1のゲストハウスで〜韓国からSeoyeon(ソヨン)ちゃん20歳〜

皆様、あけましておめでとうございます!

宮崎も、ようやく冬らしい気温になってきましたね\(^o^)/テゲサミー!

 

今年2個目の記事は♡Aoi&Asuka♡でお届けします。

 

今回も、宮崎市ナンバーワンゲストハウス「ミヤザキ村Coming(コーミン)館」さんにて、ヒアリングして参りました。

 

かわいいかわいい、ソヨンちゃん!20歳。

From韓国!

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170106232105j:plain

お父様が航空関係のお仕事をされていらっしゃるとのことで、ヨーロッパからアメリカ、日本まで…様々な国に旅したことがあるらしい〜^ ^

 

ひゃー羨ましい。

 

そんなソヨンちゃん。一体宮崎になぜ遊びに来てくれたのでしょう?

色々根堀葉掘り聞いちゃったぜーーーーーっと。

 

ーソヨンちゃん、どうして宮崎に来てくれたの?

 

韓国のゲストハウスで出会った日本人の友人がいるんです。

その子が宮崎の大学生で、遊びにきました。

 

ーおぉ♡ようこそ〜!宮崎-韓国の直行便で来たのかな?

 

いいえ。

鹿児島まで飛行機できて、友人が車で迎えに来てくれました。

 

そこから、霧島神社や牧場にいって、宮崎に来ましたよ。

イオンに行ったり、大学で一緒に講義を受けたりもしました!

 

明日は、青島へ。それから大阪の友人のもとへ行きます!

 

ーそうなんだ!とっても充実してるね♡

コーミン館はどうやって探したの?

 

Airbnb使って、宮崎市で、かつ評価が高かったので選びました。

あと、「MASAMIさん」っていう女性がやっていると思ってて…

来てみたら、男性だったので、驚きました!

 

ーひゃ!そうだったんだ!(笑)

 

MASAMIさん「あら!今度からMASAMI“♂"のマーク足しときます!笑」

 

ではでは、宮崎の魅力ってなんだと思う?

 

まず、空気がきれいです!韓国では、結構マスクを付けている。

いつも青い空が見れて美しいと思いますよ♪

 

あとは人が優しい!市場にいったときや、カフェやレストランで、いつもみんな笑ってますよね。車を運転しているときに、前でちょっと止まっている車がいると、韓国では普通クラクションを鳴らすんですが、こっちだとそうゆうことってないですよね!

 

そして、フェニックスの木も魅力的♡韓国はチェジュ島くらいにしかないから。

 

retrip.jp

 

ーそうなんだね!岩切章太郎さんありがとう…♡韓国にいるときに宮崎に旅行しようと思ったら、どうやって調べるのかな?

 

主に、インターネットで調べます!

 

NAVERまとめをよく見ますよ〜^ ^韓国の企業がやっているので。

検索ワードは「宮崎への旅行」など、ですね。

個人のウェブサイトやブログとかを結構参考にします!

 

日本ツアーインフォメーションに聞くこともありますね。

 

あとは図書館なんかで、本でもリサーチします。

「大阪」が特に人気で、人気ナンバーワンの場所にはいつも大阪の本があります!

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170106234950j:plain

 

ーへぇ!大阪!!なんでだろ?

 

まずは、利便性ですね。

飛行機がいっぱいでているので、気軽にいけます!

 

あとは食も魅力的ですね。

 

ーそれは初耳だ!ありがとう。

もっと宮崎こうなったら、韓国の人くるのにな〜ってある?

 

んと、お肉の値段!

もちょっと安かったらいいのにーって思います。

 

韓国の人ってお肉大好きだし、宮崎牛とっても美味しいから。

 

ーふむふむ!!素敵なご意見、ありがとうございました!!\(^o^)/

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170106235140j:plain

ソヨンちゃんの靴下、ミニオン♡きゃわ!

韓国なら50円〜100円くらいで買えるらしい〜安いね^ ^

 

 

■Asukaの所感

微妙な三角関係、は韓国語と日本語がほぼ同じ発音だと聞いていて、張り切って披露してきました。ドヤサ!(・∀・)数え切れないほどの海外経験のあるソヨンちゃん。色んな視点でご意見をくれました。ありがたや〜。

 

韓国の方は、結構フットワーク軽く日本にいらっしゃる方が多いですよね。福岡でレンタカーを借りて九州一周、という方もよく伺います!お買い物だけに、いらっしゃる方も。もちろん日本人もその感覚で結構韓国いきますもんね!

 

九州&韓国ツアーという形も欧米の方から見たら、結構おもろいんじゃないかなーと思う次第です。競争じゃなく、共創で。きゃぷー!

 

■Aoiの所感

さまざまな国に渡航経験のあるSeoyonちゃん。バックパッカー的に回るのも好きなんだそうで、「どこに行くかはあんまり決めない」という旅人的なコメントが印象的でした(^_^)v

 

「こんな料理を食べたんだよ」『何ていうお店で?』「うーん、日本語しか無かったから分かんない…」というやり取りも。

また行きたいなぁ、となった時に、お店の名前やメニューが分からない・思い出せないというのはよくあること。私もよく経験があります。でも、もしかしたらこれっきり、1回しか来ないかもしれない旅行者にとっては、『一期一会』がキーワードになるんじゃないかなー(*‘ω‘ *) 

ひとつひとつの出逢いと向き合い、大切にすることがホスピタリティに繋がるのでは?と考えた夜でした。

 

ミヤザキ村コーミン館の皆様、ソヨンちゃん。

ご協力ありがとうございました!!!!!