宮崎インバウンド隊!〜What brought you to Miyazaki?〜

宮崎を訪れた外国人に質問しまくって記録してます。

10回以上来日!情報収集はあの国のものを見るんですっ☆〜「宮崎神宮大祭」目当てで香港から♪〜

皆様、こんにちは!Asukaです^^

 

今日明日は宮崎神宮大祭、通称神武さまで賑わう宮崎市街地!恥ずかしながら人生で初めて娘と行ってきましたー。

 

 宮崎神宮大祭とは…??

神武さまを自分のお宮として信仰してきた町民が、お宮までの道のりが遠く、親しくお参りすることが出来ないため、「せめて1年に1度御神幸を願って一家をあげて心ゆくまで拝ませてください。」という嘆願書を提出したのが始まりです。

宮崎神宮大祭(神武さま) 2018 | JAPAN ATTRACTIONS より

とのこと!

今年で140年ほど続いてるんですね!

 

神々のパレード、圧巻!獅子舞も迫力満点でした。娘は食べられて泣いてました。^^

 

詳しい歴史は、宮崎神宮公式ホームページをぜひ御覧ください^^

miyazakijingu.jp

 

英語表記は、Miyazaki shrine grand festival

 

YouTubeで検索するといっぱいでてきました。


地球的慶典#21|九州宮崎神宮大祭(下)| Miyazaki Shrine Grand Festival, Japan| 夢多-完整節目


地球的慶典#20|九州宮崎神宮大祭(上)| Miyazaki Shrine Grand Festival, Japan| 夢多-完整節目


Small Shrine Festival in Miyazaki, Japan

 

確かに海外の方からみても、神様があんな行列になってあるいて、神々のステージもあったり、伝統衣装や楽器も 楽しめ、とてもキャッチーで日本を感じることができる、魅力的なお祭りですよね!

 

ということで、

 

すごいなーと思いながら行列を娘とみていると、隣から何やら日本語でない言葉が^^♥香港からのお客様でした!

 

では、インタビューをどうぞ!

 

f:id:miyazakiiinbound01:20181027211627j:plain

 

ーこんにちは!どちらからどのようにいらっしゃったんですか? 

 

こんにちは!私達は香港から来ました。

香港ー宮崎の直行便を使ってきましたよ。 

 

ーえ!明日から運休のやつですね(´;ω;`)

mainichi.jp

どんなプランで何日間旅行しているんですか?

 

7日間の予定です!

 

ここまでは、日南のほうを回ってたの。

サンメッセ日南にバスで行ったり、明日は鹿児島の方にいくつもり。

 

レンタカーは借りずに、公共交通で回ってますよ。少し日本語も話せるので、あまり不便はないです。

 

ちなみに1番の目当てはこの「宮崎神宮大祭」です!

 

ーえー!びっくり。嬉しい!

どうやってこの祭りの情報を知ったんですか?

 

台湾のTV番組です。

私達は何度も日本に来ているんだけど、情報源はいっつも台湾のものよ。

インターネット上の情報も香港のものよりも台湾のはとっても充実しているの。

 

ーほえー!それは今までインタビューした中で聞いたことないご意見です。

ありがとう!日本は何度目?

 

えーっと…(二人で手で数える)

んーっと。。。。(二人で目を見合わせて爆笑)

 

両手で数えきれないくらい来ているわ!

 

ー仲良しだなぁ〜♥^^えーすごい!どこに行ったことがある?

 

東京、大阪、京都、沖縄。

都会的なところが多かったわね。

 

ーそうなんですね!どうしてそんなに日本に来てくれるんですか?

何が魅力なんですか?

 

日本は美しいんです。あとはショッピングもしやすい!交通の環境も含めて、旅行しやすいんですよね。

 

地方は地方の魅力がありますね。このような祭りみたいに!^^宮崎は心地良いわ!

 

ー嬉しいなぁ〜。

 

ちなみに娘ちゃんがさっき獅子舞に食べられてたけど、元気に育つようにみたいな意味があるのかしら?

 

ーそうです!健康に育つって言われています^^

 

そう!すてきね!

(獅子舞に噛まれて「こわいーあっちいくーという娘に」)

大丈夫よ〜^^

 

ーいろいろと情報ありがとうございます!宮崎旅、このお祭り、楽しんでください♥

 

 

 

今回も素敵なリアルなご意見を聞くことができました!台湾の情報を見るってご意見は初!おもしろいですねー☻

 

獅子舞は由来などから英語で話したかった…勉強不足です。。。。

 

 

 

さてここでちょっとほっこりエピソード。

 

このインタビューシリーズを続けていてよかったなーと思う出来事がありました。

 

以前インタビューしたオランダ人のユーチューバーさん。

miyazakiiinbound01.hateblo.jp

宮崎に大きな台風がきたという情報を得たようで、メッセージをくれました。

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20181027222641j:plain

 

インタビューをきっかけに繋がりができて、こうやって連絡してきてくれる。

 

ちょっとしたことだけど、なんかすっごく嬉しかったです。遠く離れても途切れない繋がりになれてる気がして。

 

1つ1つの機会や繋がりを大事に、宮崎で世界にお友達作っていきたいなー!☆と、思ったのであります。

 

インバウンドも最終的には人対人。

 

長期的な関係性を構築するには特に、その時の利益だけにとらわれるのではなく、小さくても1個1個の関係性を大事にすることが重要なんだと思うのでありました。

 

ターゲットはこの国!だって一番お金落とすんだから!

 

じゃなくて。地場産業はこれ、相手国も一緒or似ている。相乗効果も見込めるし、人の気質の相性もよさそう。スキルシェアも見込める。

 

だからこの国。

 

地方は特にそういった視点でやれると、より持続可能な社会の形成につながるのかもしれません。

 

インバウンドをただの流行で終わらせないために…色々考える毎日です!

 

 

以上、Asukaでしたーん\(^o^)/

 

 

3分間インタビュー★~台湾からようこそ!九州旅の途中で~

 
宮崎も一気に冷え込む朝晩となりました…今回はAoiがお届けいたします☀
 
さてさて、今回は『3分間クイックインタビュー@JR宮崎駅のホーム』を敢行してきました。日向市のインバウンド対応力向上セミナーに向かう博多行き特急電車待ちでのできごと。かなり限られた時間の中で親切にお答えいただきました🌻
 
今回のAoi的キーワード:「やっぱり九州で1つ」
 
「毎回、どんな感じでインタビューしてるの?」というご質問をよくいただくので、後半にAoi的気を付けているポイントをまとめてみました。併せてご覧ください◎
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ー電車が来るまでの貴重な時間をありがとうございます!どちらからお見えになりましたか?
 
台湾です。友人同士で来ました。
 

f:id:miyazakiiinbound01:20181022120551j:plain

 
ー台湾からようこそ!直行便使って来られたのですか?
 
いえ、今回は九州を1周してきました。その中で宮崎に来たんです。公共交通機関を使って回っています。
 
ー九州1周ということは、結構長く滞在を?
 
全部で8日間です。1年に1回は日本に旅行しに来ています。宮崎での滞在は2日間ですね。宮崎では、青島、鵜戸神宮サンメッセ日南などをバスで回りました。ホテルは宮崎市内ですね。
 
ーおお~九州なんですね!ちなみに宮崎の情報はどこで取られたんでしょう?ガイドブックとか?
 
いえ、台湾人の書いているブログを読んで情報収集しました。
 
ーブログは情報が濃いので選ばれるんですね…宮崎を旅する中で困ったことはありましたか?
 
バスの情報がちょっと足りないと思います。時刻表は中文になっているけど、乗り場が分かりづらくて困りました。書いてある乗り場が違ったりしたので…
 
ーなるほど…限られた時間の中で回るのに、導線はとっても大事ですね。宮崎に来てくださってありがとうございました☀また遊びに来てくださいね!
 
【Aoi所感】
8日間、しっかり時間を取って九州を堪能されたお二人。年に1回は旅行に来ているとの事で、かなり旅慣れた感じのお二方でした。『台湾の方の旅行形態ってもう少し短期間じゃなかったかな?』と気になったので、調べてみました💡
 

f:id:miyazakiiinbound01:20181022120049p:plain

 
2017年、台湾の方の訪日旅行リピート率は「2回以上」回答が全体の81%超、「10回以上」が20%近くを占めており、リピート率の高さがうかがえます。
 
平均滞在日数は3.7日と短めであるものの、1人あたりの旅行支出額は12万円超。そのうち約40%をショッピングに遣っているデータとなっています。(出典:JNTO 日本の観光統計データより)
 
ちなみに、最近台湾で販売されているガイドブックを入手しました。載っているお店も書き方もめちゃめちゃ興味深い…外から見た宮崎、を確認するのに、ガイドブックは大変有効です💡
 

f:id:miyazakiiinbound01:20181022120504j:plain

現地でゲットしてもらった2冊
 
1年前にインタビューに協力してくださった旅人のLiuさんも、11日間かけて宮崎を回ってくださっていました。これらJNTOのデータが「九州」「宮崎」にフォーカスした時、また全く違う結果になるのではと気になっているAoiです。
 
 
九州、という1つの島に向かって旅する事が"priviledge(特権)"になる様な旅先にしていけるように。リサーチと情報シェアに努めてまいります;-)
 
 
【~番外編~Aoi的インタビュ―時のオキテ】
 
「普段どんな感じで声かけてるの?」と聞かれることが多いので、どんな事に気を付けているのかを簡単にまとめてみました💡
 
1.目的とインタビュー時間を明確に~そして、笑顔と折れない心~
『これが目的でやっています』『◎分程度で終わります』ということをはじめに明確にお伝えします。外国で知らない現地人からいきなり「話聞かせて!」と突撃されるわけですので、警戒して当たり前。もちろん逃げられることもよくありますが、”声を集める”がミッションですのでめげずに次に進みます。逃げられた時は、「宮崎に来てくれてありがとう、またご縁がありますように☀」と心の中でつぶやいています。
 
2.旅人の旅の時間を邪魔しない
ー宮崎インバウンド隊リサーチの大前提です。”せっかくの旅行中に何かすごく時間取られた”というがっかり感が芽生えない様に、インタビュー相手への思い遣りを心掛けています。
 
3.お礼の気持ちと共に+αの情報を
「インタビューに答えて良かった!」と思っていただけるように、旅人さんが困っている/欲している情報をお渡しするようにしています。もちろん、早く退散してほしそうな雰囲気であれば、サッと引きます。引き際も大事。
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
「ありがとう」の気持ちで真摯に向き合ってお話すると、いろんなことが見えてきます。最初はかなり勇気がいりますが、1回成功すればあとはもう大丈夫。
 
インタビューだけではないお付き合いからまた生まれるものもあると信じて、これからも声を掛け続けていきます☀

韓国から格安航空で女子旅♡「コンブチャ」探し中!

新メンバー・Emiによる、韓国からの旅人さんインタビュー!

韓国ー宮崎・九州がどんどん近くなる昨今…「これってどこで買えますか?」の質問に発見もたくさん👀「何が流行ってるか」「何が求められているか」を掴むのは、やはり生の声…✨

 

Emi渾身のリサーチ、ご一読ください☀

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

そろそろ夜の活気が感じられる、18時ごろの一番街。
スマホを片手にどこか探している女性お二方を発見。


「韓国人かな~?」と確かな確信は持てないまま、
「안녕하세요. 한국분이세요?(こんにちは、韓国人の方ですか?)」 声をかけてみたところ・・・


「네, 한국인이에요.(はい、韓国人です。)」


韓国人の方でした★(違ったら恥ずかしかった(-_-;))

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180819202938j:plain

ということでお二方오정화(オ・ジョンファ)さん・최은진(チェ・ウンジン)さんに
早速お話を聞いたところ、某焼肉店を探しているということで、
お店まで案内しながら、今回の旅について伺いました!


Emi:宮崎にはいついらしたんですか?
―今日来ました!今日の朝 10 時 50 分の飛行機で。


Emi:今日!いつまで宮崎に滞在するんですか?
―来週の月曜日に帰ります。宮崎に今日 1 泊して、明日は鹿児島に行きます。
それから指宿に行って、月曜日に鹿児島空港から韓国に帰る予定。


Emi:なぜ宮崎に?

―宮崎は聞いたことはあったの。一番行きたかったのは鹿児島の指宿の砂蒸し温泉で、でも指宿は砂蒸し温泉しか見る場所がないと聞いて悩んでたんだけど、偶然宮崎行の安い航空券を見つけて、宮崎も調べたら良いところだったから、一旦宮崎に行ってから鹿児島に行くことにしたんです。


Emi:今日宮崎に到着してから、どこか行かれましたか?
―それが話すと長いんだけど・・・

 

Emi:聞きたいです、お話!
―実は今日青島に行って、そのあと鵜戸神宮に行って、サンメッセ日南にも行こうと思ったんだけど…。バスの時刻表を見たら、サンメッセ日南からの最終バスの時間が合わなくて、これじゃあ市内に帰って来れないってなって…、雨も降ってきて…、結局鵜戸神宮だけ見て帰ってきました…(´;ω;`)
行きが12時台のバスに乗れたら計画通りに周れたんだけど、そのバスを目の前で逃しち ゃって…。だから近くでランチを食べて、14時台のバスに乗ったら、私たちはサンメッセ日南から帰りのバスが遅くまであると思ったのに、16時何分でバスが終わるらしくて、結局鵜戸神宮だけ行ってきました…

 

宮崎での交通手段・・・
車を持っていない外国人観光客の方には不便ですよね。

私自身も車を持っていないため、移動に困ることがしょっちゅうあります… 外国人観光客向けの交通手段の確立には、まだまだ改善点があるようです。

 

お話の途中で오정화(オ・ジョンファ)さんから逆質問が!
コンブチャ知ってますか?


コンブチャ」と言われ、 오정화(オ・ジョンファ)さんが日本についてよくご存じの方だったので、 わたしは「昆布茶」のことを仰っているのだと思い込み、 「マル○ョクに売ってますよ」とスーパーまで案内したところ 仰っていた「コンブチャ」は「昆布茶」ではないらしく、大恥をかきました…


コンブチャ」とは?
モンゴルが発祥の地で、ロシアで伝統的に飲まれている発酵飲料のことで、日本では紅茶キノコとも呼ばれ、その由来は、紅茶・緑茶に砂糖を加え、そこにゲル状の菌を加えて発酵させて作る、その見た目がマッシュルームみたいなことから「コンブチャ」と呼ばれるそうです。


この「コンブチャ」、美容や健康への効果も高く、 便秘改善やデトックス効果もあるそうで、近年多くのハリウッド女優が愛飲したことがきっかけで、大ヒット。

오정화(オ・ジョンファ)さん自身も、「コンブチャ」を飲み始めてからお通じが良くなり、日本では韓国より安く買えると聞き、「コンブチャ」を探していたということ。


知ったかぶりして昆布茶だと思い込み、無駄足を踏ませてしまったことが申し訳なく…
Emi は「コンブチャ」探しの旅へ出発!
百貨店の地下やスーパーなどを訪れたり、色々なお店に電話で問い合わせてみたり、
“どうにかして探していらっしゃる「コンブチャ」が売ってある場所を見つけ出そう”
問い合わせた結果、イオンモール宮崎KALDIフーデリーに在庫があるということだったので、 一番街から近いフーデリーの場所をお教えしました。


実際に焼肉の後、
フーデリーで念願の「コンブチャ」を購入できたということで写真まで撮って送っていただきました。 

f:id:miyazakiiinbound01:20180819202845j:plain

こちらがお探しだった「コンブチャ」です(*´з`)

 

今回インタビュー中にも仰っていた오정화(オ・ジョンファ)さん・최은진(チェ・ウンジン)さんが宮崎を訪れてくださった理由「宮崎行の格安航空券」

 

イースター航空の報道資料によると、昨年 12 月 21 日より運航開始した、韓国 LCC イースター航空の宮崎―仁川(インチョン)間。
仁川国際空港を離陸し、宮崎空港へ向かう ZE661 便は運航初日、満席に近い99%の搭乗率を達成しました。
宮崎―仁川間は週 3 回(火曜日・木曜日・土曜日)運航しており、飛行時間は約 1 時間半。 現在、イースター航空の予約ページによると宮崎―仁川間、片道 5000 円~航空券販売しています。
曜日により多少金額の差はありますが、国際線にしては本当に格安です! (国内線より安いかも…)
これからどんどん韓国から宮崎に来られる観光客の方が増えそうな予感。ドキドキです♡


最後に…交通に関わる話をもう一つ。
先日青島方面へ行こうと、電車に乗り込むと…まさかの大雨で、電車は青島まで行けない状態という放送案内が。
電車から降りようとした私ですが、隣には欧米からの外国人観光客家族が!
家族の会話に聞き耳を立てると、目的地が青島だということ…
しかしこの電車は青島には行かない状態…


列車内の放送案内が日本語でしか放送されなかったため、
ご家族は案内を理解できていなかった模様でした。


私の拙い英語で「この電車は青島へは行きません」となんとかお伝えし、
その後ご家族の方も他の移動手段を探されていました。


交通手段の確立だけでなく、交通手段に関する緊急時の案内等も外国人観光客の方を対象にし、新たに改善すべきだということを実感しました。


【出典】 

イースター航空[公式サイト]Eastar Jet

イースター航空報道資料「『LCC 単独』イースター航空、仁川―宮崎 新規就航」

이스타항공

 

★新メンバー参入!韓国語マスターEmi★~Who am I ③~

夏!!!!!

 

皆さまいかがおすごしでしょうか、ご無沙汰しております、Aoiです。

 

宮崎は、日本の中でもまだ猛暑日が1日もない(2018.8.3時点)という、「避暑地」としてのポジションを確立しております。南国宮崎で…?そんな馬鹿な…と住んでいる本人も思うのですが、データが出てるので間違いない。

 

weathernews.jp

 

九州旅行の際はぜひ宮崎で一息ついてくださいませ♡

 

今回は宮崎インバウンド隊新メンバーをご紹介します!隊結成初の大学生!しかも韓国語ぺらっぺらです。名前の通り、にこっと笑った笑顔が素敵♡既にリサーチデータも取ってきてくれている行動力抜群のEmiをご紹介;-)

 

韓国語が堪能な彼女だからこそとれる情報は∞✨乞うご期待ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このブログに足を運んでくださった皆さん、こんにちは。


안녕하세요?(アンニョンハセヨ)
新しくインバウンド隊に加入した、Emi です。
名前の Emi は漢字で「笑」と書きます。
名前のようにいつもニコニコ(変人ではありません…😊)

f:id:miyazakiiinbound01:20180817172537j:plain

 

出身は鹿児島で、大学進学を機に宮崎へ来ました。
宮崎の第一印象は「思ったよりこぢんまりとしているな~」
買い物をしに遊びに行く場所もイ○ンぐらいしかなく・・・


「鹿児島に帰りたいな…」と多々思っていましたが、
今ではすっかり宮崎の大ファンです!(宮崎ののんびりした感じ大好きです♡)


現在は宮崎公立大学3年生で、
来月からは韓国へ約1年間交換留学に行かせて頂きます。


海外と出会うきっかけになったのは、
母親に連れていかれた近所の英語教室


ABC…もわからなかったのですが、
アルファベットのカードで先生や友達とゲームをしながら、英語を覚えることが楽しくて、勉強という意味よりかは、毎週遊びに英語教室に行っていました😊
14 歳の頃、カナダへホームステイ、それが初海外!
ホストファーザーと初めて会ったとき、ハグをされ、異性とのハグが初めての私は戸惑い…(でもホストファーザーすごく良い匂いがしました!)

 

このホームステイをきっかけにますます海外(特に英語)への関心が大きくなったのですが、 その頃私の興味は「ある」ところへ、移り変わります。


それは「韓国」
趣味だった韓国ドラマにどっぷりハマってしまい、
中学生の頃は 1 週間に 30 本ほどの韓国ドラマを録画し、
週末剣道部の部活が終わって帰宅すると、必死にテレビの前に張り付く状態。
(トイレに行くのも面倒くさいくらい必死でした…!)
「その集中力を勉強に向けたら?」と両親に言われることもありましたが…😊
進学した高校で韓国語の授業があり、高校1年生から韓国語の勉強を始めました。


大学に進学してからは、
1 年生と 2 年生の夏休みにそれぞれ1か月間韓国研修へ参加し、
その経験を通し、韓国語能力試験6級を取得、
来月9月からは本格的に約1年間、韓国へ留学に行きます。
そんな私が「インバウンド」に出会い、「インバウンド」に興味を持った理由、
それは…


ただただ純粋に、外国人の方が宮崎へ来てくださることが嬉しい!


この一言に尽きます。

 

世界にたくさんの国や都市が存在する中で、ここ「宮崎」を選んでくださったこと、
これってすごい奇跡だな~と、胸がドキドキ・キュンキュンします♡
こんな胸がドキドキ・キュンキュンするような、
奇跡の出会い」が増えるよう、微力ながら頑張らせて頂きたいです。

 


さてそんな私の宮崎の好きな場所は… 「おがわ作小屋村」

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180817172950j:plain

 

昔にタイムスリップしちゃうような自然と川の流れの景色で、
ゆっくり現実逃避したい時にオススメです!


まだまだ溢れる宮崎の魅力を通して、外国人観光客の声をドンドン発信していきます😊

 

宮崎市のIT企業で海外の方を雇用することで、困ったこと・役立ったこと

 皆さん、こんにちは!

お久しぶりです〜^^Asukaです。

 

最近の宮崎インバウンド隊…インタビューでのデータや経験をいかしながら、インタビューそのものも続けつつ、インバウンドイベントプロデュースやPR、インバウンド受け入れ整備などのビジネスを手がけております!☆★☆

 

〜第8回手をつなごう!みやざき国際フェスティバル〜

f:id:miyazakiiinbound01:20180702104207j:plain

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180702104200j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180702104204j:plain

 

・インバウンドブースプロデュース、運営

・多言語でのPR(SNS発信)

・在住外国人の巻き込み

 

を宮崎インバウンド隊にご依頼いただきました。

 

◆プロデュース&翻訳&学生ボランティア統括:株式会社訪う

www.otonau.com

◆プロデュース&PR:東郷あすか

nurutto.com

 

【実績】

・悪天候の中、数千人を超える来場者

Facebook 3週間の運営で、FB 250超のフォロー、総リーチ数 20849

f:id:miyazakiiinbound01:20180702114240p:plain

Instagram 3週間の運営で、Max 109フォロー、総インプレッション3487

f:id:miyazakiiinbound01:20180702114238p:plain

・県内在住ALTや留学生への発信巻き込み

・県内各地で活躍する和の匠たちへの協力依頼と当日の運営や演出集客プロデュース

f:id:miyazakiiinbound01:20180702104212j:plain

 

‹ご協力› ありがとうございました!!!m(_ _)m!!!

●綾の藍染職人 二上さん 綾の手紬染織工房

●書家 黒蛇さん kurohebi

●家具建具職人 土持さん 全国で戦う技能を身に着け、伝承し続ける | 20do

●着付け アンティークきもの&カフェ Irodori 清家さん コーヒーと着物で癒しの空間を。 - irodori-いろどり-

●ヘアメイク Jillstandard 吉野さん http://jill-standard.com/

●小松原窯 https://komatsubara-gama.com/

 

 

こんな感じでした。

 

できる限り在住の外国人を巻き込み、より本来の目的(インバウンド促進)を達成できるような意味のあるイベントへする。「多様性のある宮崎」の実現のために。

 

ってとこを意識して実施しました。

 

こどもたちも多数参加し楽しんでくれて、海外の方が和の匠に魅了される姿を見ながら宮崎の誇りを感じていただけたのではないかと思っております。

 

*今後はもっともっと進化したイベントになっていくと思いますー!*

 

匠同士のコラボレーションも生まれていて、宮崎の中の宝も進化しております!!!

いずれも展開が楽しみですねー☻

 

ーーーーーーーーー

 

ということで、本題です!

 

宮崎市でIT企業を営む株式会社Katatium - カタチウム -

昨年末からバングラデシュの方をエンジニアを雇用しています。

f:id:miyazakiiinbound01:20180702121909j:plain

バングラ料理振る舞ってくれました♪^^

 

これは、JICAと宮崎大学宮崎市役所が合同で手がけるプロジェクトの一貫。

www.sankei.com

 

高度ICT人材の少ない宮崎に、バングラデシュで鍛えられたICT人材を送り込み、雇用するというものです。

 

カタチウムの社員の皆さんは、英語が流暢かと言うとそうではありません。しかしながら、プログラムのコードで会話できるみたいです!(+翻訳アプリ)

 

 

実際の生活で困ったことを箇条書きで書いてみます!!!

 

医療機関で英語ができるとこが少ない

・もちろん問診票は日本語のみ

・役所での手続きがすっごい長くかかる。もちろん日本語のみ

・手続きで必要なものの情報がウェブで見つからない。(見つけられなかっただけかも。)なので、現地で「あれない…これない…」で無駄な時間が多くなる

・自転車の移管登録を受け付けてくれる店舗が少ない

・防災情報の外国語版でアップデートされているものが少ない

・ハラルフードの調達に困る

 

 

逆に役に立ったことを書いてみます!!!

 

宮崎大学の出している留学生向けの生活基本情報の本

・En miyazakiのベジタリアン、ビーガンフード取扱店舗情報

en-miyazaki.com

・警視庁が出してるTraffic Rules(交通ルール) 警視庁

・駅裏のナフコが自転車移管登録を快くやってくださった

・在住外国人の皆さんのサポート

・県や市がやっている外国語レッスンの講座

www.mif.or.jp

 ・神社庁が出している神話の英語版

http://www.jinjahoncho.or.jp/konohanasakuya/hoderi/wp-content/themes/jinja/dl/soul-of-japan.pdf

 

 

 

外国人を雇用する会社って日本はこれからもっともっと増えてくるはず。その方たちのサポートに徹するサービスを提供する会社やコミュニティがでてきたらいいなぁ〜〜〜〜〜と強く思います!

 

・ゴミの捨て方などの生活の手引きを直に教えてくれたり

・困ったとき電話で対応してくれたり

・外国人の情報&口コミが詰まったアプリ作ってくれたり

・ていうか住む場所そのものを提供してくれたり

・コミュニテイを紹介してくれたり

 

こんなんがあったらいいですよねーーーー。^^

 

どんな人にとっても生きやすい「宮崎」になっていくといいな!

私にできることを続けていきたいと思います♪

 

 

ソレスト高千穂様にて、インバウンドホスピタリティ研修を行いました!

こんにちは!

 

Asuka&Aoiです。

 

インタビューも100名を突破…!

Aoiのインバウンド対応促進セミナーも終了…!

 

少しずつですが宮崎がどんどんと「インバウンド対応」へ力をいれてきているように感じます!^^

 

海外を視野にいれると不安定だ…という声や、

2020年東京オリンピックまでの特需だ…という声も聞かれますが、

私たちは決してそれだけの局面ではないと感じております。

 

現時点で、4兆円の消費額を突破している。

これだけの伸び率がある市場は、インバウンドとAIのみ。

 

そして、皆さんは「これまでオリンピックを目当てに海外へ行ったことがありますか?」(by 山田拓さん)

 

外国人が熱狂するクールな田舎の作り方 (新潮新書)

外国人が熱狂するクールな田舎の作り方 (新潮新書)

 

 

オリンピックに向けたビザなどの規制緩和が行われていることが最も大きな要因と考えられます。またこの規制緩和は2020年で終わり、とは現時点では言われていません。

 

ということは、インバウンド…

生かさなくては損!!!

 

ですよね。宮崎、正直遅れてまっせ〜^^

 

ということで最近インバウンド対応の冊子やツール作成など

ハード整備の依頼もいただいているのですが、

 

実はそれに合わせてとても大事な大事な…

ソフトの面の整備についても含めた研修を行いましたのでレポートします。

その名も「インバウンド×ホスピタリティ研修」

 

 

※今回本当に多くのご縁があり、実施することができました。心より感謝致します。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225315j:plain

 

場所は、高千穂に3月16日グランドオープンを予定されていらっしゃる「ソレスト高千穂ホテル」様。

 

「宮崎の高千穂で最上級のおもてなし」をコンセプトにされていらっしゃる、館内外いたるところに徹底したこだわりを感じるホテルです。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225320j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225414j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225500j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225508j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225341j:plain

ウェブサイトはこちら♪

www.solest-takachiho.jp

 

高千穂の自然を感じさせるような、落ち着いた色遣い。開放的なお部屋。日頃の疲れがふっと飛んでいってしまうような心地よさを感じます。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225325j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225310j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225330j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225451j:plain

 

飾られている写真の数々は全てプロの写真家さんが撮られた「高千穂」の写真とのこと。神々が宿る高千穂らしさを全面に出しているところも本当に素晴らしいです!

 

また、個人的にAsukaは、ライトの数々がぐっときました。どれもめちゃくちゃかわいいの!!

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225258j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225446j:plain

 

今回のインバウンド支援は、

 

オープンを控え予約を開始したところ海外の方たちが予想以上にとても多かった。

しかし、外国人対応に慣れているスタッフばかりではない。

なにか手段は打てないか…

 

とAoiに相談がいったことがきっかけでした。

 

では何から手をつけよう。。。

 

という状況でしたので、

 

・コミュニケーションを補完する多言語指差しツール導入

・外国人緊急時対応ツール導入(アナウンス含)

上記2点使用方法を含めた外国人対応に関する対応研修

 

この3点をご提案しました。

 

海外での業務体験&宮崎のインバウンドに精通したAoi

ラオスにて、企業進出コンサルタント業務を経験

                      +

東京都内で国内外のお客様対応経験を積んできたAsuka

※六本木・台場の商業施設にてゲストリレーション業務を経験

 

2人のスキルやナレッジをギュギュっと凝縮した内容でした。

f:id:miyazakiiinbound01:20180314171855j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225430j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180314171859j:plain

 

 

・各国の傾向フィードバック

・各国のお客様が喜ばれることやもの、実際の事例共有

・インバウンドにおけるホスピタリティとは

・基本対応、イレギュラー対応RPG

・緊急時対応RPG、アナウンス練習

などなどを行いました。

 

ご参加された皆様、とても真面目で前向きに、情報や技術をどんどん吸収されていらっしゃいました!

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225403j:plain

 

宮崎1、といわず九州1。

いや、日本1のおもてなしを体現できるホテルになることができると思います!

 

「おもてなし」はいらない。

それを目的に来る人なんていない。

 

という方がたくさんいらっしゃいます。

 

確かにおっしゃる通りです。

それが目的の旅行なんてありません。

 

 

しかし、リピーターになる方は「おもてなし」があったからこそそこを選びます。

宿泊地だったらなおさらです。

 

モノではなく、体験を売ってる場所だから。

 

どんなに美しい施設で、ツールも設備が整っていても、

人の対応が悪ければそこにまた泊まりたいとは思いません。

 

またこの人に会いたいから、ここへ泊まろう。

ついでに周りを観光しよう。

 

そんな風になると一番いいですよね。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225359j:plain

 

ソレスト高千穂ホテル様は、実現できる。

そう心底思える3時間でした!

 

 

いよいよグランドオープン、頑張ってください!

応援しております♪

 

 

こちらをご覧になった皆様。

徹底的にこだわり抜いた高千穂の最上級の空間を、ぜひ楽しみに訪れてくださいまし☆

 

周辺は、Appleの広告にも載っている高千穂峡はもちろん

f:id:miyazakiiinbound01:20180314174028j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180314174027j:plain

高千穂神社天岩戸神社など、世界に誇る観光地が溢れていますよー^^

 

再度ウェブサイト貼っておきます♪

www.solest-takachiho.jp

 

 

ほいでほいで、ソレスト高千穂ホテル様には「インスタ映えスポット」もありますよんっっっ☆☆☆\(^o^)/

 

水に浮かぶテラスでお茶を♥ふふふ

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225419j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225351j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180314173716j:plain

 

 

それではっ!!!

長浜きもの親善大使コンテスト 〜関西支部Mikkoレポート☆〜

皆さんこんにちは。

宮崎インバウンド隊、関西支部Mikkoです。

 

私は滋賀県在住なので、関西圏におけるインバウンド情報をお届けしていきたいと思います。

 

今回ご紹介するのは、

115日に開催された滋賀県長浜市をPRする観光大使、長浜きもの親善大使を選出するコンテストについてです。

 

実は今回、私もこのコンテストに出場させて頂きました。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180116175013j:plain

 

私は大学時代に中国へ留学し、日本文化の素晴らしさを海外の方にも知っていただきたいという思いから「グローバル撫子」という自身のテーマを掲げ、現地で茶道や着付けの教室を開催していました。

 

また帰国後は、中国語市民講座の講師や、ラジオのパーソナリティをつとめながら留学経験で得た事をお伝えする、草の根の架け橋活動を行ってきました。

 

なので、審査対象となる自己PRスピーチでは

「日本と世界を繋ぐ架け橋として、日本文化の魅力を発信したい」という思いと、

 

仕事でもよく使う中国語を使って「長浜曳山祭り」のご紹介をさせて頂きました。

 

コンテストの出場者は合計9名。

 

幼い頃から滋賀県の祭りや文化に親しみ、出場を決意された方や、

着物姿で可憐な舞を披露された方など、

 

皆さんそれぞれが、物語の詰まった振袖を纏い、

個性豊かな発表をされていました。ものすごく良い刺激を受けましたよ!

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180116175106j:plain

 

私の振袖は、

いつもお世話になっている着物デザイナーの方からお借りしたもので

 

なんと40年以上も前に、その方が成人式でお召しになったお着物。

 

総絞りに華やかな刺繍という、気が遠くなる程手の込んだ、正に「身に纏う美術品」でした。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180116175127j:plain

 

時を越えても、こうして想いが継承されていく。

まさに日本が誇る、着物文化の真髄ですね。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180116175142j:plain

 

最終的には、滋賀県出身の3名の親善大使が選出され

今後1年間、長浜市や着物文化をPRする活動を担われます。

 

結果として、親善大使になる事はできませんでしたが、

またまた素晴らしいご縁が広がり、長年温めてきた私の想いを伝える事ができ、

 

良い経験になりました。

 

今後ますます増えると見込まれる訪日観光客。

 

数ある国の中から、日本を選びお越しくださったお客様に対して、

心のこもったおもてなしができるよう、

引き続き自分磨きをがんばります♡

 

今回応援してくださった方、仲良くなれた素晴らしい出場者の皆さん、全ての素敵なご縁に感謝致します♡