読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

What brought you to Miyazaki?

宮崎を訪れた外国人に質問しまくって記録してます。

<字幕動画アリ>「まるでカリフォルニア!」N.Y.から夫婦で日本の旅。Matthewさん&Brittanyさん

Hi everyone, how’s it going on?

 

日差しが既に夏の宮崎からお送りします。

今回は初!アメリカからのゲストへ突撃インタビュー!西から東へ、彼らが見た、宮崎とは・・・?

 

-ようこそ宮崎へー!貴重な時間をありがとうございます。

 

こんにちは。MatthewとBrittanyです。N.Yから来ました!Matthewはフリーランスのbuilder(建築業者)で、BrittanyはEコマース(インターネットショッピング)の会社で働いてます。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170523133657j:plain

 

 

-どのくらいの期間と場所を回っているんですか?

 

期間は2ヶ月!厳密に言えば7週間かけて、色んな所を回るんだ。九州は福岡でレンタカー借りて、こんな感じで回ってるよ~。

 

N.Y.→東京→福岡→大分→高千穂→熊本(黒川)→宮崎→鹿児島→長崎→佐賀(唐津)→福岡→京都→東京→フランス

 

-予定がぎっしり!フランスにも!?レンタカーは宮崎ではベストチョイスだと思います。

 

Brittanyが素敵な会社に勤めてるから!笑 2ヶ月間の休みがとれる会社、N.Y.にはそうそう無いんだよ。

そうだね、すっごく運転しやすいし、車が無いと回れないよね。アメリカは車線が日本と逆だから、怖いって思う人も多いかもしれないけど、でもすごく運転しやすいと思うんだよね!

 

 

-ちなみに高千穂では何をしたんですか?

 

高千穂では2人でハイキングしたよ!すごく良かったね。

 

-九州はもう何度か来たことがある?

 

実は昨年、熊本に来る予定だったんだよね。でも、地震があったでしょう。その時私たちは東京にいたんだけど、キャンセルしちゃってね。今回やっと来れたんだよ!

 

-そうだったんですねぇ…来てくれてありがとう!宮崎市内に入ってからはどんなところを回りましたか?

 

車で色々回ったよ。平和台公園、青島、THE GOOD DAYSとか、cafe coconoeにも行った。cafe coconoeのオーナーは素晴らしかった!旅好きだし英語もできるし、素晴らしいカフェだったよ。

  

平和台公園はどうだった?

 

二人で歩いてたら、突然英語のできる男性が僕達に話しかけてきて。色々宮崎のオススメスポットを教えてくれたんだよね。面白かった!笑

 

-おお、英語で?宮崎、というか日本もそうだけど結構外国人には不便な環境じゃないかなと思ってたけど…

 

そうそう!日本は基本的に英語表記すっごく少ないよね。不便だと感じることもあるよ。東京はまぁまぁ、って感じかな。でも、宮崎に来てみて英語ができる人に結構会えてびっくりしてるの。カフェのオーナーとか、平和台の男性とか、きみとか。笑

 

 

-多言語表記がまだまだなんだよね…。宮崎の印象は総じてどう?

 

すっごくいいよね!!びっくり!!アメリカからもっと旅行客来るべきだと思う。カリフォルニアだ!って思った。Japanese California、って感じ。綺麗なビーチはあるし、リラックスできる環境だし。すごくいいよね。

 

-カリフォルニア、行ったこと無いからピンとこないけど、こんな感じなんですね。褒めてもらえると嬉しいです;-)情報はどうやって取ったんですか?

 

いい質問だね。笑 それが、なかなか見付からなくて…。僕らがよく参考にするのは、Lonely Planet, Instagram, ブロガーのブログ。いやー、こんなにいい場所なのに、おもしろい情報がなかなかヒットしないんだよね。お役所が出してる情報って、たしかに英語なんだけど凄く基本的な情報だけじゃない?そうじゃなくて、例えばcafe coconoeみたいな、そういう所をもっと知りたいの。Masamin(Coming館オーナー)のオススメは最高!Google mapでちゃんとピンドロップして共有してくれてるのよ!

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170523133859j:plain

 MasaminオリジナルのオススメMAP!素晴らしい・・・!

 

 

-これめちゃめちゃ素晴らしい!!これがあれば、Wi-Fi環境さえあればチェックできますもんね。さすが、細やか・・・。情報発信はすごく必要だと私達も思っていて。

 

そうだね、やるなら英語ネイティブの人にブログ書いてもらうのが私たちは一番だと思う。多くの人の目に触れるには、そのブログにが人気な事が大事。PV数も必要でしょう。

 

 

-ですね、届かないと意味ないし。情報といえば、Wi-Fiはどんなですか?

 

事前にポータブルWi-Fiを申し込んで持ち歩いてる。友人が使っていたから、GACっていうサービスに申し込んで。空港の郵便局で受け取れるようになってるの。やっぱりWi-Fi無いと、どこ行ったらいいのやら、だよね。

 

www.globaladvancedcomm.com

 

 

-なるほどなるほど…旅慣れてる感じだけど、旅は好き?

 

大好き!海外旅行は体力遣うしやっぱり疲れるから、アメリカ国内ですることが多いけれど。私たちは本当に自然が好きだから、ハイキングやサーフィン、自然を楽しむ体験がすごく好きなの。

 

-なるほど…じゃあ宮崎は最高だ!ちなみに、九州で体験といえば福岡にあるんですよ。SUiTO FUKUOKAって知ってますか?

 

えーっ!知らなかった・・・知ってたらよかったな~、このSake tastingとかすごく面白そう!

 

 

-そこでしか出来ない体験、そこにしかない風景、そこを磨き上げていくことが大事ってことだなあ。

 

こんなに素晴らしい場所だからね。私達もきっと戻ってくるよ!

 

-うう、嬉しい…。はるばるありがとうございました!最後に、お二人からこれから来る旅行客へメッセージ、宮崎の改善点をいただいてもいいですか?

 

もちろん!:ーD(とても良い笑顔)

 

 

youtu.be

 

 

【Aoi所感】

はるばるアメリカからやってきたお二人。大都市N.Y.から!そんなお二人、宮崎の自然を絶賛してくださっていました。

 

「情報が無いよー」

 

今回は動画の方でもコメントいただきました。「私達が行きたいのは、人里離れた自然の美しい場所、地元ならではの場所だ!」という部分で凄く盛り上がりました。やはりその地の素敵なカフェ、素敵な場所、空気感、そういったものを感じられる場所にリーチしたくてもできない状況というのは、

 

 

本気でもったいない。と思う次第です。

 

 

もっと人が来るべき場所だよ、と太鼓判を推してくれた二人。車でのんびり日南海岸線を降りていく道すがら、写真を撮るんだー♪とのこと。

 

 

あるのに、気付かれない。

行きたいのに、行けない。

知ってるけど、教えれられない。

そんな場所あったの!?知らなかった、行けたら良かったのに。

見せられたら、良かったのにな。

 

A but B

(AだがしかしBだ)

 

旅への想いや目的は、人それぞれ。

パスポートを持って世界中旅する中で、200を超える国の中で、何かの縁で宮崎に立ち寄ってくれた旅人が、

 

「ひゃー!こんないい場所だったなんて。次は大事なあの人と来よう」

 

そうなるポテンシャルが宮崎には絶対にあるはず。

 

今の所百発百中の勢いで旅人さんから言われている「探せど情報が見当たらない」コメント。

 

発信しているところはたくさんあるはず、それが届いてないのは何で?

ラブコール出してるはず、気付かれないのはなぜ?

 

外からの視点は新しい気付きを。内での想いは、外へ向けた新たな扉を。

 

伝われ、世界へ、この愛!

 

そんな気持ちで日々インタビューを行う私なのでした。

SPECIAL★THANKS: ミヤザキ村 Coming館さま

宮崎市でアクティビティ☆加江田川でSUP体験!

f:id:miyazakiiinbound01:20170515170222j:plain

Aoiです。

(書いてるのはAsukaよん)

 

 

私、

 

初めての体験で、、、

 

こんなになっちゃいました。。。♡

f:id:miyazakiiinbound01:20170515170255j:plain

真っ赤―!!!!!!!

(写真は伝わりづらい。。。笑)

 

これから始まる夏を目前に。

今回は、宮崎市内で楽しめるアクティビティ「SUP」をご紹介!

 

国内外の皆様に楽しんで頂けること間違いなし!

 

 

まず〜「SUP」とは…

Stand Up Paddleboard (スタンダップパドルボード)の略♡

 

その名の通り写真のようなボードの上に立って、

f:id:miyazakiiinbound01:20170515170552j:plain

パドルをもち、漕ぎながら優雅に楽しむアクティビティ。

 

 

宮崎市でSUP体験ができる場所というと…

 

Surf city miyazakiさんや

surfcity-miyazaki.jp

串間のアクティビティなどありますが。

www.miyazaki-ebooks.jp

 

 

今回お邪魔したのは、G-styleさん!

https://www.facebook.com/G-Style-1789915307953345/

用具のレンタルもあり、着替えやタオルを持参すれば体験が可能です♪

※貸出もあるようです。

※日焼け止めはしっかりと!!!^ ^

熱中症対策もお忘れなく★水分補給もがっちりと!

 

 

なんといっても、G-styleさんは…

宮崎空港からたった10分のところにあるという好立地!!

 

宮崎県宮崎市熊野2403−16

 

 

海外の方も、ついたその日にそのまま〜なんてありかも。

周りは木々に囲まれ、1両電車も楽しめます♪

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170515171347j:plain

のほほん。

 

こんな自然いっぱいに囲まれながら、

SUPスタート!

 

まずは、土の上で丁寧な講習。

 

ライフセーバーさんがやってくださり、

わかりやすくって初心者も安心です。

 

そして、川までボードを運ぶ!

 

これが地味に重い!土に足がハマるハマる!笑

f:id:miyazakiiinbound01:20170515171557j:plain

でも一個のアドベンチャー?!!♡

f:id:miyazakiiinbound01:20170515171924j:plain

手を振るふりして、休憩。

 

 

川に到着すると、まずは正座の状態で乗ります〜。

できるようになったら、膝立ち!

f:id:miyazakiiinbound01:20170515172052j:plain

 

そして、慣れてきたら…

スタンダップー!

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170515172138j:plain

1キロ強、川を上り、下ってきました♪

 

聞こえるのは木の葉が擦れる音。

鳥のさえずり。

水の音。

 

自然と一体化したみたい。

 

ぼーーーっとひたすら漕いでいると、

なんだか風になったような気分でした。

 

Aoi「メコン川流域の風景や・・・」

 

ラオスでいつか見た風景!と思ってしまうほど、あのゆったりした川の流れと眺め。

スローボートで川下り、というのもラオスにはあるんですね。

 

www.startthailand.com

6年前の情報ですが、参考まで♡

 

屋形船なんて浮かべちゃったらもしかして最高なのでは・・・?

 

なんて妄想も、どんどん膨らんでいきました。鳥の声と川のせせらぎと風の音、それにたゆたう私達。こんな贅沢な時間の遣い方、あったんだ…。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170515172330j:plain

 

ゆーったりと楽しめるこのアクティビティ。

意外に体幹や太ももが鍛えられます!^ ^

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170515172420j:plain

 

慣れてくると、2人乗りもできるよ☆

 

Asukaが揺らしまくったり、突然変な動きして、

Aoiを終始困らせたよ…♡(Aoi渾身の叫びが何回か聞けたかと思います by.Aoi)

 

 

宮崎の大自然を活かしたこのアクティビティ。

 

なんもなくないじゃん!

なんかあるじゃん!宮崎!ですわ^ ^

 

 

ぜひ、海外の方におすすめしたいと思います♪

宮崎にいらっしゃる皆さんも、ぜひ行ってみてください♡

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170515172659j:plain

戻ってきたとき…

Asuka、運動不足により、顔がしんでいる…笑

 

 

それでは!!!

 

 

■G-style ーーーーーー

080(8252)9605

 

ボードレンタル(1人)
2h・・・3,000円
1日・・・5,000円

SUPスクール(1人)
2h・・・5,000円
ボードレンタル+3,000円

ーーーーーーーーーーー

年中波を楽しめる宮崎に移住!〜ハワイからアロハーMilesさん☆〜

アロハーーーーーーーーー!♡

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170515162622j:plain

Aoi と Asukaです!^^

 

昨日加江田川にてSUP体験してきましたの♪

 

SUPに立つときも子鹿のようにプッルプル。

今日も筋肉痛でプッルプル!

 

海外の方向けアクティビティに最適だと思いましたので…インタビュー記事の後に詳細記事を別で書きまっする\(^o^)/

 

ーーーーーーーーー

 

それでは!今回のインタビューは〜

ハワイオワフ島から、波に魅せられて移住したMilesさん!

f:id:miyazakiiinbound01:20170515163542j:plain

 

サーファーならではのご意見をいただきましたぞ。

 

 

ーこんにちは!いつ宮崎に来たんですか?

 

23年前に一度来たよ!

5年間住んで、一旦4年ハワイに帰って。

またこっちに来た感じだね。

 

ー宮崎の魅力って何だと思います?

 

これまでサーフトリップで、インドネシア釜山、オーストラリア

って回ったんだけど…

 

宮崎の波は、やっぱり年中楽しめる!

週に2,3回は波乗りを楽しんでるよ〜♪

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170515163849j:plain

 

ーそっか。やっぱりサーファーにとって「宮崎の波」は魅力的なんだね。

ハワイにもノースショアとか有名なスポットはあるけど、

それでも選ばれるくらいなんだもんね!

 

ちなみに住んでいて要望だったり不満に思うことはある?

 

街に、特に市街地に緑が少ないかな。も〜っとあっていいよ!

 

あとは行政サービスももう少し充実していいんじゃないかなーと思う。

 

街なかにゴミ箱が設置無かったり、

これだけサーファーがいるのに、海辺のシャワー設置がなかったり。

 

粗大ゴミを捨てるのにお金がかかるから、

山の中に捨てられていることもあるでしょ。不法投棄。

ハワイだと行政がピックアップしてくれるんだよ、無料で。

 

市民の為にしっかり税金が使われるべきだと思うよ。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170515164728j:plain

 

ーそっかー。サーフィンをしている人だからこその意見だな!

ありがとうMilesさん!!

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170515165227j:plain

ーーーーーーーーーー

 

■Aoi所感

 「緑がもっとあってもいい」

というコメントに、なるほど、やっぱりもっと尖らせていくべき点のひとつは美しい自然なんだな、と改めて感じたインタビューでした。

 

「このインタビューは何でやってるの?スポンサーがいるの?え、違うの!?」という素直な驚きを持たれたのも印象的。

 

もっと海外からの旅人増やしたいぜー!多様性目指すぜー!という想いひとつでやっているこのリサーチブログ。 宮崎在住の方のお話はとっても貴重。長く住んでるからこそ感じることもたくさんあるはずです。

 

いろんな視点からいろんな声を集めて、ブラッシュアップしていくのだ! 

 

■Asuka所感

 

Milesさんは、SNSも一切されていない方。

 

忙しく生きることよりも、ゆったりと自然と共に生きることを

大事にされていらっしゃいました。

 

これまでの意見は、

・情報が少ない

・交通を整えて

Wi-Fiを繋いで

など…

より都会的な方向性を目指すご意見が多かったのですが、

やっぱりサーフィンという魅力に惹かれていらっしゃる方は、

もっともっと原始的なありのままを好まれるんだな〜と感じました♡

 

どこの国の誰をターゲットにするかで、アプローチがものっすご違ってくる…

その象徴的なインタビューだったかと思います!

 

宮崎市街地で発見、オランダから来たYou tuber!☆バックパッカーJonah Lemkeさん

GW!!

ゴーーーーーーールデンうぃーーーーーーーっく!

 

いかがお過ごしですか?\(^o^)/

Asukaです。

 

先日こちらのブログでも書いた、

AOSHIMA BEACH PARKへ行ってきました。

 

初年度のタブロイド紙や広報に携わらせていただいたのですが、

3年目の今回はもっともーーーっと進化しております。ステキング。

 

これがブランディングってやつかーってみてますわ。えぇ。

 

中でも昨年から登場した「SUNSHADE BOX」は、最高です。

f:id:miyazakiiinbound01:20170503204655j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20170503214257j:plain

500円で1時間借りれて、海を目の前にゆったりとした時間を楽しめます。

f:id:miyazakiiinbound01:20170503214337j:plain

(※うちの会社のスタッフくんです。)

 

こーゆー魅せ方、とってもいいですよね。

宮崎に合ってる。

 

ゆったり空いてて、何もしない贅沢。

 

海や川、山を目の前にハンモックとか張って、ゆーったりするだけ…

とか最高だと思うのです。

f:id:miyazakiiinbound01:20170503214507j:plain

▲大淀川の河川敷とかハンモックあったら最高です。

 

宮崎の自然は、美しいです。

 

 

さて、今日は、

昨日宮崎市街地を歩いていたら出会ったヒッチハイカー!

 

しかもなんとアレを使って日本を発信している方でしたの(・∀・)

では、ご覧ください♡

 

 

アートセンターを過ぎた所で、大きなリュックを置いて座っていた…

f:id:miyazakiiinbound01:20170504194743j:plain

オランダ人のJonah Lemkeさん☆

f:id:miyazakiiinbound01:20170503214951j:plain

 

ーこんにちは!ようこそ宮崎へ〜\(^o^)/どこから来たの?

オランダヴェースプという街だよ!

 

ーほう…ヴェースプ!調べてみると。。こんな記事が!

newsphere.jp

なんだか素敵な街!行ってみたい〜^ ^

今回はどんなプランで回ってるの?

 

京都に友人がいて、関西を回った後に、九州を一周しているんだ!

京都⇒大阪⇒奈良⇒尾道⇒福岡⇒佐賀⇒長崎⇒熊本⇒鹿児島⇒宮崎

 

トータル1ヶ月。

九州は1週間だけなんだ〜

 

 

ーほぉ!関西九州プランだ^ ^♡交通手段は?

 

ヒッチハイクだよ!

 

ーひえ!すごい!!宿泊はどうしてるの?

 

テントだよ〜

近くの公園に張って寝るんだ^^

 

ーわお!だからこんなに荷物が大きんだね!すごい!宮崎はどこ行った?

 

宮崎神宮と、平和台公園でハニワを見たよ♪

あとは、カラオケにも行った!

 

そして、チキン南蛮を食べたよ!

ぼくにはちょっと脂肪分が多かったかも…

 

ー情報は何をみてるの?

 

基本的にコレ!

f:id:miyazakiiinbound01:20170504195001j:plain

ロンリープラネット

通称ロンプラ。

 

宮崎の部分は〜

f:id:miyazakiiinbound01:20170504195454j:plain

ここだね!

これを見て、神宮と平和台へ行ったんだよ。

 

あとの情報は現地の人に聞くよー!

 

ーそうなんだね!宮崎旅行中に困ったことあった?

 

話しかけてくれたり、話してくれる人が少ないことかなー。

 

あとは、駅でもらった総合案内所で貰った地図がよくわからなかった。

建物の種類とか名前を言われても、わからないんだよね;;

 

ーそっかそっか。地図用語や標識、実はローマ字に直しただけとか…実は外国人視点じゃないものいっぱいあるよね。貴重な意見、ありがとう!Facebookで繋がりたいんだけど、やってる?

 

もちろん!

それに僕はYou tubeで旅の様子を配信してるんだよ!

 

ーえ!Youtuber!!すごい!

 

そう、これ!

www.youtube.com

 

ーなんと!海外の人 が観る日本がいっぱい詰まってるー!おもしろい♡ありがとー!

 

youtu.be

▲これ、ウォシュレット体験!笑

 

 

 

 

■Asuka所感

 

この日は商店街でお買い物をし、街で3時間くらい過ごしたのですが、

はちゃめちゃ外国の個人旅行客が増えてますね!

大きなバックパックの方を3組、目にしました。

 

私は、インバウンド隊の中で一番英語ができません。

前職も英語のセリフを覚えて覚えて対応していたので、

それ以外となると流暢ではありません!

 

だけど、海外の人との交流が大好き。

大好きだから積極的に話しかけたくなります。

話すと、新しい世界、生き方が見える。

 

言葉が相互に伝わることばかりではないけど…

笑顔でウェルカム!って言っただけっでも喜んでもらえる。

エンジョイミヤザキ!って言うだけで、もっと喜んで貰える。

喋れなくても握手したら、歓迎の想いを表わせる。

 

怖いから、マナーが悪いから、

シャッターをしめてしまうって、とってももったいない気がします。

ただただ相手を知らないだけ、かもしれません。

 

海外の方と触れ合うことは、地元の魅力を再発見するチャンスだと思います。外の視点は多くのヒントをくれます。

 

国を超えて、

人種を超えて、

宗教を超えて、

宮崎の人が触れ合って、もっと宮崎を好きになって欲しい。

 

私たち宮崎インバウンド隊は、

宮崎のオモロイ未来の為に動き続けます!!

 

そんなことを思ったインタビューでした。

以上Asukaでした〜♡

「その土地の”日常”が見たい!」イギリスからこんにちは♪Miles&Susanさん

こんにちは!GWはやりたいことを徹底的にやろうとしているAoiがお送りします。


今回も、旅館小戸荘さまのご協力を得て実現いたしました!史上最長のみっちりインタビュー、本当にありがとうございました♪
今回のAoi的キーワードは「iconic」「個人客への届け方」でした。それでは、どうぞ(^o^)

 
-宮崎へようこそ!自己紹介をお願いします。


MilesとSusanです。イギリスのニューキャッスルに住んでるよ。日本に来たのは3回目!宮崎へは、博多から電車を使って下ってきました。窓から見える田んぼが最高!

 


-3回目なんですねー!前々回からはどんな感じで回ってきたんですか?


1回目は2012年、トータルで3週間。東京、京都、奈良、阿蘇あたりを回ったね。

2回目は2013年…だったかな?確か。トータルで4週間。北海道の稚内、博多、日光…あ、スノーモンキーも見たよ!でも、雪解けが始まってたから地面はぐちゃぐちゃであんまり景観よくなかったかな・・・。

 

jigokudani-yaenkoen.co.jp

スノーモンキーで有名な長野県の地獄谷野猿公苑

 


-北から九州までがっつり回ってたんですね!今回はどのくらい滞在を?


合計で6週間。ニューキャッスル空港→東京→金沢(石川県)→早島(岡山県)→長崎→博多(福岡県)→宮崎→指宿(鹿児島県)→博多(福岡県)→高松(香川県)→…この後は未定!

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170503012435j:plain

仲良しで、やり取りが凄くかわいかったお二人♪

 


-電車の旅ですね。先ほど博多から降りてきたとのお話でしたが、電車で回られてるんですか?


JAPAN RAIL PASSを買って回ってるよ。すごくお得!新幹線使えない区域もあるけどね。これ使って横断する形で周る予定だよ~。

 

 

-電車の旅なんですね♪宮崎へはなぜ来てくれたんでしょう?


実際、「ここに行きたいから来た」っていうのは無いよね。指宿の温泉に入りたくて、そこの通過点だったから来てみたっていうのがある。
ここでは青島神社や庭園(入場料がただなのにびっくりした!イギリスだったら払わないといけないのよ)、変わった形の岩(Aoi注:鬼の洗濯岩と思われる)を見に行ったね。うん、楽しめたよ。

 


-やっぱり「これ!」っていうのが無いと、ってことですね。


そうねー。だって、宮崎ってiconic(アイコン的)なものある?例えば広島だったら原爆ドームっていう象徴的なものがあって、しかも新幹線通ってて行きやすい。長崎と広島どっちがいいかな、って言われたら、私は広島がいいよ、って言うと思います。

 


-むむむ、iconic...前もフランスの方に「宮崎のアイデンティティって何!?」って聞かれたことがあって。


私たちは、その土地で人々がどんな生活をしているのか、っていうのを見るのが楽しみなんです。日常風景。例えば、小学生が学校に行く姿とか。車窓から見える田んぼとか、太陽光発電のパネルも面白かったなぁ。

 


-やっぱり地元の生活ってかなり興味深いですよね。旅行雑誌とかで情報収集したりもするんですか?


Lonely Planetとか、時々TVで流れてる情報拾ったりとか…あとはTriposoってアプリの評価を見て決めてたりするよ。このアプリで僕達が見た限りだと、宮崎は1つも情報が無かった。

 

 

www.lonelyplanet.com

バックパッカーのバイブルとも言うべきロンリープラネット。通称ロンプラ。

 


-それは初めて知ったアプリです・・・!宮崎、ぼちぼち載ってはいるけど旅行者のレビューが全く見当たらない…。


そうなのよね。あとは、japan-guide.comとか、japan-experience.comとかも見るね。宮崎の印象は…まぁ他の都市とあんまり大きな違いは無い感じで、建物がそのまま放置されてるような、あんまりきれいじゃないところもあったかなー。ゴミが散らかってたり。

 


-違いはそんなに無い、ナルホド…。旅館小戸荘に宿泊を決めた理由は何だったんでしょうか?


場所、価格、街から近いことが決め手でしたね。ここで出される朝ごはんはすっごく美味しい!日本式の朝食、素敵。

 

-食といえば、何か美味しいもの食べました?今日のお昼は何を?


ファミリーマートのサンドイッチとオレンジゼリー。美味しかったよ(笑)私たちは、6週間の旅の食費予算を、2,000円/日で決めてる。食に関してそこまでお金はかけないね。食よりも何を見るか、に重点を置いてる。うどんメインで食べてるね。食券機、全部日本語だから厳しかった…。知らない人が助けてくれたけど。

 


-なるほど、徹底してますね!今までも、こういう日本式の家には泊まったりしてきたんですか?

 


早島で宿泊したゲストハウスは日本式の家だったんだけど、良かったよ。駅から歩いて5分だったし。凄く小さな村で…3泊で20,000円だったのよね。とてもリーズナブルで。今回の小戸荘も同じくbooking.comで予約して。でも正直、早島の方と比べてしまうと、価格だけで見ると割高。airbnbも色々見たけど、結局クリーニング代とかかかって結局ホテルと同じくらい高くついたりするし、泊まってる人たちがパーティー大好きな賑やかな人たちだったりすると…。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170503013751j:plain

黒木国昭氏の壺の存在感@旅館小戸荘

 


-なるほど、価格もやっぱりポイントなんですね。


そうだね。僕達、この日本の旅を始める前にも4ヶ月間旅をしてたんだよね。だから、宿泊施設の価格ってかなり重要。どこでどのくらい遣うか。
ところで、Aoiは宮崎をどうやってプロモーションしていきたいの?

 


-そこでしかできない、見られないもの、を旅人へ提供していきたいんです。私、元バックパッカーなので。だから今、こうして何がぐっと来たのかを皆さんにお尋ねしているところなんですが…。


バックパッカーだったなら、もう何が足りてないか、答えは分かるでしょ!笑 僕の意見だけど、宿同士でも連携しないとダメじゃない?他県のゲストハウスに宮崎に関するパンフレットを置く、とか。旅してる途中、どこに行こうかなっていう判断材料になるし。
早島(岡山県)のゲストハウスでは、鎌倉(神奈川県)の広告見たよ。

 


-確かに…。電車で回るならなおさらですよね。


僕達が住んでるニューキャッスルって、海岸線沿いにある街なの。宮崎みたいな感じ。ロンドンから3,4時間くらいかな?でもね、イギリスに来る大半の観光客はスルーする場所でもあるんだよ。観光客はまずロンドン、シェイクスピアで有名なストラトフォードでしょ。で、この後どうするかって、スコットランドまで一気に北まで飛んじゃうんだよね。ニューキャッスルはたいてい行かない。でも、ハリー・ポッターの映画でアニック城(※劇中のホグワーツ魔法学校)が有名になって、増えた。

 

Alnwick Castle | Castle UK, Northumberland

アニック城公式サイト。こちらのWEBサイトからチケットも購入可能

 


-よくある感じですね。


Iconicなものが無いとね。ここまで来る、っていう理由がないと。
今回は私達、6週間あるから宮崎まで来れたけど、例えば7日間しかなかったら?短い期間だったら、九州まで来ることも厳しいと思う。今までホステルに泊まった旅人たちと話したけど、多くの人はJAPAN RAIL PASS持っていたよ。
短期間だと特に旅程内で回りきるために予定しっかり組まないといけないからね。

 


-その人達の願いを叶える形にしないといけないですよね。


僕の意見は、ツアー旅行じゃなくて、個人旅行してる人たちに届くようにアピールしていくってこと。得た情報で、計画変更することも多いし。
ワンデイ・トリップをホテルから出したらいいのに、と思うよね。旅行会社入れたりとかして。中国を旅した時、バスツアーに参加したこともあるよ。軸足をホテルにして色々見たいっていう感じ。

 

-今回はバックパッカーならではの視点で色々お話いただき、ありがとうございました!残り4週間(4月中旬時点)、良い旅を♪


~この後、30分位ラオスの話で盛り上がる~

  

■Aoi後記
10年以上前のラオスも旅したよ~、あとナミビアとかカナダとか~と、世界中を旅している超絶プロのバックパッカーご夫婦でした。


日本では、話しかけられたと思ったら「どこ出身?アメリカ人ですか?」と開口一番聞いてくる人もいたり(「イギリスからです」と答えるとのけぞってびっくりされたらしい。歴史的なもの?何で?と首をかしげていました)、謎に「一緒に写真撮って下さーい!」と突然頼まれたりするけど…とのコメントも。


私も、10年くらい前留学生と一緒にいた時、知らないオジサマにその子が「あんた〇〇人ね!?」と知いきなり吹っかけられたことがありまして。あまりの不躾さに思わず言い返した事を思い出しました。


多様性のこの時代、見た目だけで出身を断定することほど、愚かなことは無いと思います。「どこ住み?」位のテンションで悪気0だったのかも知れませんが、その聞き方は完全に失礼かつアウトです。

どちらからお越しですか?と英語で尋ねたい時は、まず"Where are you from?"と聞いて、答えを待つのがいいですね。焦らず。

 

言葉の壁に関しては、日本を旅する時はあまり期待していないけど、やっぱり絵などのガイドも無いとキツい、とのこと。
日本を旅する以上は分かっていることだから、そこまで心配する必要は無いけどね、とも仰っていました。旅慣れているからこそのお二人のコメントだな、と感じました。

かなり旅慣れたお二人、「どうやって旅人たちに届けるか」という視点でアドバイスをいただいた今回のインタビュー。
受け取ってもらえるように情報発信できているのか、LOVEコールをどこの誰に届けるか?ということを意識して動いていかねば!と決意を新たにした夜なのでした。

「伝統的な日本家屋に泊まりたかったの!」日本で初の旅館滞在、アウトドア大好きご夫婦は香港から♡

皆様、いかがお過ごしですか?宮崎インバウンド隊、Aoiがお送りします♪

 

今回は、本邦☆初☆宮崎市にある、「旅館小戸荘」様のご協力を得て実現しました!

香港からやって来たという旅人夫婦に突撃取材。今回お話を伺ったのは奥様のみでしたが、ばっちりお話を聞くことができました~♪

 


-こんにちは!自己紹介をお願いします。

Wong Ka manです。職業は高校教師で、中国語と広東語を教えてます。香港から来ました。

 


-ようこそ宮崎へー!日本へは初めて・・・?

いいえ、実は日本は4回目なの。1回目は富士山に登って、2回目は大阪。3回目はまた富士山で、富士山本当に大好き!日本のシンボルって感じだし。頂上に登れる7~8月に行きましたよ。

 


-おおお!4回目にして初の九州ということで・・・どうしてまた今回は九州に?どのくらい滞在するんですか?

7日間の休暇で今回は来たんだけど、友達から九州をすごくおすすめされて!九州は香港の人、たくさん行っているよ。田舎の雰囲気がすごく好きで、私達夫婦はアウトドアが大好きなの。それで選びました。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170420172211j:plain

笑顔が素敵、本当に上品で穏やか…素敵なKa Manさん♪

 


-わあ、口コミで!嬉しい~!ルート的にはどんなルートですか?

香港→鹿児島→霧島→宮崎→鹿児島→香港

ってルート!九州旅行よ。

 


-そうなんだ、またもや香港→鹿児島…南側から来られる方、多いんですよね。ちなみに霧島では何か見たりしましたか?

霧島には2日間滞在して、ハイキングを楽しみました。特にツアーに申し込むとかではなく、自分たちで探して。

 


-おお、さすがアウトドアLOVER…!情報はどうやってとったんですか?

WEBが基本!県や市が出してる様なオフィシャルWEBサイトとか、あとはトラベル・ブログをgoogleで探して読んだりね。

 

 

-自力で探して行くスタイル。なるほど…ちなみに宮崎ではどこか行きましたか?

基本はWEBサイトでも調べたんだけど、もっと具体的な情報が知りたくて、観光案内所にも行きましたね。Visit Bus Passを購入して、南側の飫肥・日南・青島に行ってきた。1000円でバス乗り放題だから、お得よね。お天気が素晴らしくて良かった~!人はすごく優しくて親切。でも、バスの本数が少ないから、観光中バスの時間を気にしてちょっと急がないといけないシーンもあった…。そんなに遅い時間に市内に戻って来たくなかったので。霧島でもバスの本数は凄く少なくて。平日か週末でも本数変わるみたいよね?

 


-そうですね、公共交通機関は本当に本数とタイミングが課題で…。ネット環境は大丈夫でしたか?

香港は、すっごく人も多くて混んでて大都市だから、そこから離れてリフレッシュするために九州に来た、っていうのがあるのよね。宮崎は人が優しくて、天気も素敵。田舎はすごくリラックスできる。
ネットに関しては、Wi-Fiに繋いでる間に、バス時刻表を始めとして全部予定を調べて準備するから大丈夫だけど、時々困るかな。
あとは、宮崎市はいろんなお店もあるしとても便利だと思います。

 


-何か買いました?

うーん、主に食べ物かな~!笑 次は鹿児島に移動するから、荷物が多くなっちゃうから。私達日本食大好きで。香港で食べようとするとすっごく高いの。だからここで食べられてHAPPY!

f:id:miyazakiiinbound01:20170420172329j:plain

小戸荘さん入ってすぐ


-小戸荘に泊まってみてどうですか?
素敵!小戸鍋、すごく美味しかった!!(※Aoi後記で説明↓)日本で伝統的な日本式の家屋に泊まる経験、すっごくユニークな体験だった!試してみたかったの。Booking.comで探して泊まったんだけど、日本的な宿泊施設に泊まってみたかったの。どこにでもあるチェーンホテルみたいなのじゃなくて。本当に楽しんでる!

 

-やっぱり「伝統的」ってキーワードなんだ…改めて気付かされました!ありがとうございました、引き続き良い旅を!次はぜひ北西エリアへも~!

 


【Aoi後記】
九州初INが霧島だったこともあり、「対照的、宮崎市大きいんだね」と仰っていました。また、「伝統的な日本様式の宿」が探してる最中ヒットしたというコメント。街中にあり立地もバツグンな旅館小戸荘さん、なかなかない経験ということで、とても満喫されていたようです。

 

やはりフリーWi-Fiと旅のスケジュール組みは、個人旅行客に満足いく形でオススメできているのかどうか?という部分。押さえておくべきポイントだなと感じました。「マイペースに」「のんびり」旅を楽しんでもらえるような仕組みづくりを考えていく必要がありますね。

 

また今回は、「旅館で夜のお食事をいただきたい!」ということで、小戸鍋と会席料理メニュー説明の、遠隔通訳もさせていただきました。「めっちゃ美味しい!」とお二人仰ってたので私もとても嬉しくなった一コマでした♪

 


☆SPECIAL THANKS☆旅館小戸荘様
宮崎市にある旅館小戸荘の若女将・有美さんと旦那様にご協力いただき、実現した今回のインタビュー。

 

旅館小戸荘は、母娘三代続く、歴史ある旅館。
そこで食べられる「小戸鍋」は、”験担ぎの鍋”として、野球監督をはじめ様々なスポーツ選手が食べに訪れているのです!

 

www.odosou.com


地元の食材をたっぷり使った「小戸鍋」は4000円(税別)~ご予算に応じて。会席料理もあります。いつかトライしたい・・・!(Aoi&Kenshiro(※Aoiパートナー)は小戸鍋の大ファン、ちょくちょく食べにお邪魔しています。)

f:id:miyazakiiinbound01:20170420174418j:plain

小戸荘でのお食事の後に出されたデザート♡


街中にありながら静かでゆったりできて、美味しいランチやお鍋も食べられる、旅館小戸荘。


インバウンドのキーワードをぐぐぐっと感じるスペシャルなお宿。宮崎インバウンド隊として還元できるものを形にするため、今日も明日も走り続けます☆

小戸荘の皆様、本当にありがとうございました!

 

「外国人観光客の方お見えになりますよ」というお宿の情報も、引き続きお待ちしておりまーす♪

 

Posted by. Aoi at Miyazaki inbound squad

訪日外国人向けインバウンド支援のあり方〜デービッド・アトキンソン氏 特別講演会を受けて〜

こんにちは!Asukaです〜☆

 

めっちゃ夏!

宮崎、めっちゃ夏ー!!

 

f:id:miyazakiiinbound01:20170424115544j:plain

 

ピクニックが気持ち良い季節になりました♡

 

Aoiが以前ラオスで、

川のそばで寝そべるカフェを紹介していましたが…

宮崎ってそーゆーのめっちゃ相性いいですよね!

 

長い休暇とって、ゆったりバカンス。

何もしない贅沢…

 

AOSHIMA BEACH PARKが、少し実現させてるかな?

www.aoshimabeachpark.com

プレオープンしたようですね!

 

遊びにい〜こおっと。

 

 

ということで。

本日は、昨年の今頃聞きに行った「デービッド・アトキンソン氏 特別講演会」について。

 

日本の訪日外国人向けインバウンドのあり方を提示されていて、非常に的を得てらっしゃいます。改めて確認する意味も込めて…

 

以下記載します!

 

 

 

まず!

 

デービッドさんとは…

intergate.info

イギリス出身で、アクセンチュアの前身企業に勤められ、ゴールドマンサックスでアナリストをされた後、

小西美術工藝社という日本の文化財修復を行っていらっしゃる会社で社長をされています。

インバウンドの活動をしている人なら一読したことがあるであろう「新・観光立国論」の著者。

デービッド・アトキンソン 新・観光立国論 | デービッド アトキンソン |本 | 通販 | Amazon



♡♥♡ほいで、Asukaの経歴(改めて)と考え方♡♥♡

元々私は、東京の商業施設で、道や場所、アートのご案内係。

また、海外不動産投資家さんなどに対し、歴史や建築、アートなど街の詳細をご案内するタウンツアーアテンダントを行っていました。

f:id:miyazakiiinbound01:20170424191419j:plain


冬には日本人向けイルミネーションツアーも有料で行っていました。


ツアーは、いずれも大体1時間程度なのですが、ただの道案内と違って、1時間も一緒にいると自然に人間関係が構築されることが私は大好きでした。

関係性の構築の結果、その後の繋がりができたり。準備していたちょっとしたサプライズが、倍の喜びになったり。(もちろんその逆もある)

そんなヒトとヒトとの化学反応が生まれることが、喜びでした。

当時重要視していたのが、『ホスピタリティ』と『相手軸』

どれだけ相手の立場に立ち、思いやりをもって、おせっかいと言われるくらいの対応ができるか…それが基本の軸にありました。だからこそ、リピーターの方が生まれたり、何か+αのリアクションがあったりする…と、身を持って体験していました。


そんなこんなな日々を終え、宮崎に戻り。

神話のおもしろさ、伝統芸能や食、自然の豊かさに触れ…また、串間の留学生モニターツアーに同行させていただいたり、日南のクルーズ船の通訳ボランティアを通して

「Asuka、インバウンド事業をしたい!できるはずだ!」
参照:こちらの記事 と思うようになったのであります。


♡♥♡♡♥♡♡♥♡♡♥♡♡♥♡♡♥♡



しかーし!

デービッド氏、そんなAsukaのマインド&考えの緩さをどっかーんと打ち砕くご意見を最初から投げられました。


「日本人の観光立国として不十分な条件

1.おもてなし
2. 治安
3. 公共交通機関のダイヤの正確さ です。」


はふ?


な…なななんと。


私があれほど、重要だと思っていた、
「OMOTENASSSHI、オモテナシ♪」がワースト1位になっているではないか!!!!!

滝川クリステ◎のあのにこやかなプレゼンはなんだったんだ!!!!!あのときの感動はいずこ!!!!



氏いわく
(注意:Asuka解釈語でとてもカジュアルな表現になってます)


おもてなしおもてなし、って日本人ゴリ押ししすぎー!日本人だって、人が温かいから~っつって海外旅行する?ちがくない?めっちゃすごい自然とかさ、文化財とか食とかさ。そーゆーがっちりしたコンテンツをさ、観たい、体験したいっつって行くでしょ?

おもてなし~言われて、海外旅行の大きな動機付けにはならないYO!!!フランスって、世界一の観光立国だけど、おもてなし最悪なんだよ。

治安とかダイヤの件だって同じ理由だよ~。そこを発信してもなんの魅力も感じないよ~。


とのことであった。(●´ω`●)



た、確かに。


認めたくないけど、そうだね。おもてなしが強固なフックになって、海外旅行いったことないわ。

 

確かにね、そうだね。相手軸、って言われてたのに、押し付けだったのかな、、、確かにな。。うん。うん。でもでも~ぉほぉ~実際リピーターいたしぃ~ん~~~。


そんな複雑な想いを抱えつつ、進むプレゼン。





日本の観光は、


・多様性が必要なのだ!

=昼夜問わず、春夏秋冬問わず、受け身のものから体験できるものまで、バラエティに富んで楽しめるコンテンツ作りが必要。例えば…夜のバー。夏のビーチ、冬のスキー。文化財ツアーから海川でのアクティビティなどなど先方がカスタマイズできる状況を作る。ホテルだってそう。多様な層に即したホテルを作るべき。

・もっと数字にこだわるのだ!


=観光は産業である。もっともっとお金を落とさせるモデルに変化すべし。より遠くの国から誘致し、長期滞在型へとシフトさせる。必然的に単価は上がる。そして、実績ができれば、この意識は地域住民にも必然的に波及する。


文化財を整備するのだ!

=説明文が安易すぎる。「何々の絵が書いてあります~」じゃなくって、「こういう意味でこの絵が書かれてます。」っていう日本文化の背景説明するべし。お子様でもわかるくらいに!ほいで、そーゆーの案内人付ける形にして、ツアー形式にしたら単価もあげられる。で、早朝からやるーとかしちゃえば、前日宿泊もする。


・発信はデータに基づきピンポイントでやるのだ!

=今は、どの国のどの属性の人に発信するか、定めることができる時代。相手の属性を知り、ニーズに合った発信をすべき。ほやっと、いいとこだよ~いい人いるよ~じゃ、どこの誰にも響かない。



とのことで、あっという間に、シンプルでわかりやすいデービッド氏のプレゼンは終わりました。


ふぬぬん。



確かに。

実際にご案内している時に、国によっては丁寧さが邪魔をするときもあった。もっと早く端的に言って!って。日本人でもそう感じる人もいるよね。親切でなく、余計なお世話。ただただ不快。

だからこそ、相手が重視するものは何か、知る必要があるんだね。それも、想像や体験じゃなく。数字に基づいた強固な根拠

その上で、ターゲットを定め、適当な情報を、適切なタイミングで発信する。実際にお客様と対応するときにも、相手の要望に合わせカスタマイズできる状況を作り、あくまでも相手が欲する情報や環境を提供する。お金を必然的に落とすプランの構築は、最低限組み込んでおく。


それこそ観光立国として継続的に発展し得る、ホントのホスピタリティであり、相手軸なんだなぁ。とおもたん。

なんか、ダイレクトマーケティングってそうゆうことを言うんだよね?そうだよね?マーケテイングよくわかんないけど!大事だねーマーケテイングって!ほんと。






そして思いましたわ。



全ては、恋愛と一緒だわねホント、と。


トーカー(押し付け)と熱愛(ニーズの一致)は紙一重だし。


大好きな人(相手国)のことを調べまくって調べまくって~、 その上で足フェチ(歴史が浅い国ゆえに、文化財に興味を持つ)とかを見つけて~、 私(日本)って足めっちゃ綺麗なんだよ~(こんな寺とか神社あるよ~)って伝えて~、 自分(日本)の方来てもらって~、

私の足(日本の寺や神社)実際に観てもらうんだけど、単純に見せるんじゃなくって~、 こんな努力してきたんですよ~って話して(歴史をお伝えして)お見せして~。

はぁ~そんなすごいんだ!ってもっと私の足(日本の寺とか神社)が魅力的に見えるよね。



なんか、そんな感じなんじゃないかって。



だからね、私は、


まずは大好きな人を1人に定めようじゃないか! そして徹底的に調べあげてやろうじゃないかっ!!!と思いましたわ。データって大事ね。えぇ。 


そんな素敵な夜でしたYO!( ^ω^ )♥ 



あとね、最後にね、やっぱりね。



人としての思いやりや温かさは、忘れたくないなぁ
。とも思った夜でしたよ( ^ω^ )♥ちゃんちゃん。

 

 

▶ということで、今出来る限り…

リアルな数字を集めております。

 

きっと、これからも色んなことがあるかとは思いますが、

宮崎インバウンド隊の1人として、

私なりのインバウンドのカタチを探しだしたいと思いますー♡

 

いえぇえええーーーーい!