宮崎インバウンド隊!〜What brought you to Miyazaki?〜

宮崎を訪れた外国人に質問しまくって記録してます。

ソレスト高千穂様にて、インバウンドホスピタリティ研修を行いました!

こんにちは!

 

Asuka&Aoiです。

 

インタビューも100名を突破…!

Aoiのインバウンド対応促進セミナーも終了…!

 

少しずつですが宮崎がどんどんと「インバウンド対応」へ力をいれてきているように感じます!^^

 

海外を視野にいれると不安定だ…という声や、

2020年東京オリンピックまでの特需だ…という声も聞かれますが、

私たちは決してそれだけの局面ではないと感じております。

 

現時点で、4兆円の消費額を突破している。

これだけの伸び率がある市場は、インバウンドとAIのみ。

 

そして、皆さんは「これまでオリンピックを目当てに海外へ行ったことがありますか?」(by 山田拓さん)

 

外国人が熱狂するクールな田舎の作り方 (新潮新書)

外国人が熱狂するクールな田舎の作り方 (新潮新書)

 

 

オリンピックに向けたビザなどの規制緩和が行われていることが最も大きな要因と考えられます。またこの規制緩和は2020年で終わり、とは現時点では言われていません。

 

ということは、インバウンド…

生かさなくては損!!!

 

ですよね。宮崎、正直遅れてまっせ〜^^

 

ということで最近インバウンド対応の冊子やツール作成など

ハード整備の依頼もいただいているのですが、

 

実はそれに合わせてとても大事な大事な…

ソフトの面の整備についても含めた研修を行いましたのでレポートします。

その名も「インバウンド×ホスピタリティ研修」

 

 

※今回本当に多くのご縁があり、実施することができました。心より感謝致します。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225315j:plain

 

場所は、高千穂に3月16日グランドオープンを予定されていらっしゃる「ソレスト高千穂ホテル」様。

 

「宮崎の高千穂で最上級のおもてなし」をコンセプトにされていらっしゃる、館内外いたるところに徹底したこだわりを感じるホテルです。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225320j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225414j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225500j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225508j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225341j:plain

ウェブサイトはこちら♪

www.solest-takachiho.jp

 

高千穂の自然を感じさせるような、落ち着いた色遣い。開放的なお部屋。日頃の疲れがふっと飛んでいってしまうような心地よさを感じます。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225325j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225310j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225330j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225451j:plain

 

飾られている写真の数々は全てプロの写真家さんが撮られた「高千穂」の写真とのこと。神々が宿る高千穂らしさを全面に出しているところも本当に素晴らしいです!

 

また、個人的にAsukaは、ライトの数々がぐっときました。どれもめちゃくちゃかわいいの!!

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225258j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225446j:plain

 

今回のインバウンド支援は、

 

オープンを控え予約を開始したところ海外の方たちが予想以上にとても多かった。

しかし、外国人対応に慣れているスタッフばかりではない。

なにか手段は打てないか…

 

とAoiに相談がいったことがきっかけでした。

 

では何から手をつけよう。。。

 

という状況でしたので、

 

・コミュニケーションを補完する多言語指差しツール導入

・外国人緊急時対応ツール導入(アナウンス含)

上記2点使用方法を含めた外国人対応に関する対応研修

 

この3点をご提案しました。

 

海外での業務体験&宮崎のインバウンドに精通したAoi

ラオスにて、企業進出コンサルタント業務を経験

                      +

東京都内で国内外のお客様対応経験を積んできたAsuka

※六本木・台場の商業施設にてゲストリレーション業務を経験

 

2人のスキルやナレッジをギュギュっと凝縮した内容でした。

f:id:miyazakiiinbound01:20180314171855j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225430j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180314171859j:plain

 

 

・各国の傾向フィードバック

・各国のお客様が喜ばれることやもの、実際の事例共有

・インバウンドにおけるホスピタリティとは

・基本対応、イレギュラー対応RPG

・緊急時対応RPG、アナウンス練習

などなどを行いました。

 

ご参加された皆様、とても真面目で前向きに、情報や技術をどんどん吸収されていらっしゃいました!

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225403j:plain

 

宮崎1、といわず九州1。

いや、日本1のおもてなしを体現できるホテルになることができると思います!

 

「おもてなし」はいらない。

それを目的に来る人なんていない。

 

という方がたくさんいらっしゃいます。

 

確かにおっしゃる通りです。

それが目的の旅行なんてありません。

 

 

しかし、リピーターになる方は「おもてなし」があったからこそそこを選びます。

宿泊地だったらなおさらです。

 

モノではなく、体験を売ってる場所だから。

 

どんなに美しい施設で、ツールも設備が整っていても、

人の対応が悪ければそこにまた泊まりたいとは思いません。

 

またこの人に会いたいから、ここへ泊まろう。

ついでに周りを観光しよう。

 

そんな風になると一番いいですよね。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225359j:plain

 

ソレスト高千穂ホテル様は、実現できる。

そう心底思える3時間でした!

 

 

いよいよグランドオープン、頑張ってください!

応援しております♪

 

 

こちらをご覧になった皆様。

徹底的にこだわり抜いた高千穂の最上級の空間を、ぜひ楽しみに訪れてくださいまし☆

 

周辺は、Appleの広告にも載っている高千穂峡はもちろん

f:id:miyazakiiinbound01:20180314174028j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180314174027j:plain

高千穂神社天岩戸神社など、世界に誇る観光地が溢れていますよー^^

 

再度ウェブサイト貼っておきます♪

www.solest-takachiho.jp

 

 

ほいでほいで、ソレスト高千穂ホテル様には「インスタ映えスポット」もありますよんっっっ☆☆☆\(^o^)/

 

水に浮かぶテラスでお茶を♥ふふふ

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225419j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180313225351j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20180314173716j:plain

 

 

それではっ!!!

長浜きもの親善大使コンテスト 〜関西支部Mikkoレポート☆〜

皆さんこんにちは。

宮崎インバウンド隊、関西支部Mikkoです。

 

私は滋賀県在住なので、関西圏におけるインバウンド情報をお届けしていきたいと思います。

 

今回ご紹介するのは、

115日に開催された滋賀県長浜市をPRする観光大使、長浜きもの親善大使を選出するコンテストについてです。

 

実は今回、私もこのコンテストに出場させて頂きました。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180116175013j:plain

 

私は大学時代に中国へ留学し、日本文化の素晴らしさを海外の方にも知っていただきたいという思いから「グローバル撫子」という自身のテーマを掲げ、現地で茶道や着付けの教室を開催していました。

 

また帰国後は、中国語市民講座の講師や、ラジオのパーソナリティをつとめながら留学経験で得た事をお伝えする、草の根の架け橋活動を行ってきました。

 

なので、審査対象となる自己PRスピーチでは

「日本と世界を繋ぐ架け橋として、日本文化の魅力を発信したい」という思いと、

 

仕事でもよく使う中国語を使って「長浜曳山祭り」のご紹介をさせて頂きました。

 

コンテストの出場者は合計9名。

 

幼い頃から滋賀県の祭りや文化に親しみ、出場を決意された方や、

着物姿で可憐な舞を披露された方など、

 

皆さんそれぞれが、物語の詰まった振袖を纏い、

個性豊かな発表をされていました。ものすごく良い刺激を受けましたよ!

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180116175106j:plain

 

私の振袖は、

いつもお世話になっている着物デザイナーの方からお借りしたもので

 

なんと40年以上も前に、その方が成人式でお召しになったお着物。

 

総絞りに華やかな刺繍という、気が遠くなる程手の込んだ、正に「身に纏う美術品」でした。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180116175127j:plain

 

時を越えても、こうして想いが継承されていく。

まさに日本が誇る、着物文化の真髄ですね。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180116175142j:plain

 

最終的には、滋賀県出身の3名の親善大使が選出され

今後1年間、長浜市や着物文化をPRする活動を担われます。

 

結果として、親善大使になる事はできませんでしたが、

またまた素晴らしいご縁が広がり、長年温めてきた私の想いを伝える事ができ、

 

良い経験になりました。

 

今後ますます増えると見込まれる訪日観光客。

 

数ある国の中から、日本を選びお越しくださったお客様に対して、

心のこもったおもてなしができるよう、

引き続き自分磨きをがんばります♡

 

今回応援してくださった方、仲良くなれた素晴らしい出場者の皆さん、全ての素敵なご縁に感謝致します♡

多言語化ってどうするの? 〜なんでもかんでも翻訳アプリでそのまま多言語化すりゃーいいってもんじゃないってお話♪〜

てげさみぃいいいいい!!!Asukaですー!


宮崎、インフル注意報でてますYO。

皆さん、お気をつけあそばせ( ;∀;)

 

さて、

今日はAoiプロデュースの

インバウンド対応促進セミナー

新年1発目でした!^^♪

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180111184249j:plain

 

 

今回の題材は「多言語化」

へぇ~!がいっぱいだったので、レポートします。

 

 

インバウンドが世間的にも叫ばれるようになり、

多言語化の必要性も同時に耳に入ってくるようになってきましたね!

 

宮崎でも多言語化された案内板やウェブサイトも増えてきました。

 

AoiAsukaは、一緒にウェブサイト制作&多言語化対応をいくつか行ったことがあるのですが

 

ほむほむ、翻訳アプリや機械でそのまま多言語化すりゃーいいってもんじゃないなぁ~と思った出来事がいくつか。

 

 

例えば、、飲食系の翻訳のとき。

こんなことがありました!

 

 

『座敷あります!』

 

 

これって、日本人に対しては魅力。

 

だけども、靴を脱ぐ習慣があまりない国の方にとっては、むしろリラックスできない方も多く避けたいという意見が多い。(もちろん、日本文化を味わうという意味では嬉しい人もいる。)

 

ただ「ここが押しのポイントだよ」って示す点は、そこではないのでは?

 

 

他にも、公的なウェブサイトや案内でも、あ~これは翻訳アプリとか機械で日本語をそのまま訳したんだろうなぁ~も多々。

 

 

例えば、

 

『自然に幸せを感じられる自然感幸地。』が

natural feel naturally happy Kankochi.』と。

 

Kankochiって伝わるわけない~。

 

 

他にも、バックグラウンドが違うから背景から説明しないと理解されない言葉もそのまま書かれていて不親切。

 

という違和感モリモリの翻訳も盛りだくさん。

 

 

一方、なんでんかんでん翻訳しまくりゃいいってもんでもない。海外にいって、どこもかしこも日本語ばっかだと、不愉快ってこともある。

 

演出や場を乱すほどの翻訳はすべきじゃない。

 

 

そんなこんなで。

 

私たちは、ただただミラーリングで日本語を外国語にするだけでなく、

ターゲットの背景やクライアント様のブランドイメージを理解した上で多言語化の対応をしています。

 

 

英語が堪能なスタッフ

日本文化に精通したネイティブスタッフが連携して

 

アドバイスやチェックして翻訳・制作を行います。

 

・ウェブサイト

・冊子

・案内板

・メニューなど

 

翻訳から制作までまるっと一括して対応し、外にお願いすることはないようにしています!

 

 

 

クライアント様の理解、

そしてターゲット国の

「異文化理解」が土台にあるからこそ、

 

次に繋がる・伝わる多言語化になります☆☆☆

 

予算がないから、といってリリースして発展なく終わりが増えませんように。( ;∀;)

 

ではでは。

「日本?2017年内で7回目!」香港からふらり一人旅…Hello你好、タオさん!

!!明けましておめでとうございます!!

よきお正月、過ごされましたか?

 

ラグビー・ワールドカップ2019まであと621日。

東京オリンピックパラリンピックまであと929日。

 

2018年、宮崎インバウンド隊のテーマは「続」。途絶えさせない、ブームで終わらせない。2017年はメディアにも取り上げていただくなどしましたが、まだまだ始まったばかり。驕らずたゆまず、引き続き元気に発信していきますので、どうぞよろしくお願いいたします;-)

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180107140054j:plainお正月だからー!と着物で交流会に参加。SPECIAL THANKS: アンティークきもの&カフェirodori様♡

 

さて、今回はNHKさんに取材頂いたタイミングでインタビューを受けて頂いた、香港のTaoさん。直行便を使ってやって来たTaoさん、なぜ宮崎へ来てくださったのでしょうか?

 

-こんにちは!貴重な旅の時間をありがとうございます。よろしくお願いします。

 

Taoと言います。宮崎へは香港からの直行便で来ました。2泊3日、行き先は宮崎だけです。IT企業で働いてるんですが、リラックスするために休暇として来ました。乗り継ぎが好きではないので、直行便を選びました。移動は電車やバスですね。Visit Bus Passを空港で買いました。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20171130092402j:plain

 

-直行便きたー!ちなみに宮崎は初めて・・・?

 

いえ、3回目です。海がとっても好きで。次はサーフィンやりたいな、って思ってます。2017年の訪日は、今回の宮崎訪問で7回目ですね。一人旅が好きなんです。子どもの頃からカウントすると、訪日は20回超えてると思いますね。

今、香港人日本と韓国が旅行先として好きですよ。冬はあんまり来たがらないけれど。香港ー日本の直行便は、岡山からも出てたりするからね。

 

ーさすがリピーターの多い香港の方・・・!そして宮崎3回目なんですね…!ちなみに今回はどこへ?

 

鵜戸神宮と、飫肥…油津とか。逆に、他にオススメの場所があれば教えて欲しいなと思います。日南・高千穂以外に、他にどこかあるかな?※Aoi、日向市美々津を激推し

 

-一人旅とのことだけど、情報はどうやってとってます?

 

SNSFacebook, Twitter, LINE, Whatsapp, Instagramを使いますが、私は旅行する時はSNSあまり見ないですね。観光情報を探す時は、Googleで「宮崎 観光 スポット」のキーワードで探したり。SIMは、これを使ってますよ。かなり便利。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20180107142252j:plain

Shinetown Telecommunication Limited のSIM。世界中どこでも使えるからめちゃくちゃ便利そう…

私は、日本人の視点で面白い場所を探したいんです。だから、情報を探す時は、日本語できるといいですよね。チキン南蛮を食べましたが、それはYouTubeの東海オンエアで見て、食べてみたいなーと思って決めたんですよ。日本語は独学ですが勉強中です。(Aoi注:今回のインタビューは、Taoさんほぼ日本語で受け答えして頂きましたが、完全独学とのこと。度肝を抜かれるAoiとAsukaでした)

 

www.youtube.com

参考にしたという東海オンエアの宮崎旅動画

 

-なるほど。。。何か買ったものはありますか?お土産とか。

うーーーん・・・。そこでしか買えないような特別なものがあれば買うかもしれないけど、今の所は無いですね。鹿児島だったら例えば、さつまいもとかありますよね。

 

-そこに価値があるかどうか!ですね。大変だったことはありますか?

 

電車の乗り方・ルールが分からなかったのが大変でした。電車のチケットを電車の中に設置してある箱に入れちゃったんだけど、降りてみたらチケット提示してって言われちゃって。

あとは支払いでSuicaを使おうとしたら、こちらはNimocaが主だから、店員さんが「え?」ってなってた。コミュニケーションに関しては問題なかったよ:-)

私は農業にとても興味があるし、また宮崎に来たいな、と思います。

 

ーTaoさん、ありがとうございました!また来る時は是非連絡してくださいねー!

 

◇後記◇

しっかりお話を伺ってみると、「農業」がキーワードのTaoさん。人と人との繋がりがとても大切だよね、SNSスマホ経由だけじゃない本来のコミュニケーションが大事だよね、というお話で盛り上がりました。

日本語を独学で勉強して、SNSに頼り切ること無くどんどん一人で旅をしていたTaoさん。

いい場所だな→もう一度来たいな、というステップを経てリピーターになって頂くには、現地の人との出逢いもとても大切。

「またこの場所のあなたに会いに、帰って来るね」な場所に、宮崎がなれるように。旅人さん達と出逢う私たちも、そんなきっかけづくりが出来るように精進するぞ!と心に決めたインタビューでした。

 

宮崎ー香港の直行便は下記のとおり↓↓アジアは近い!とにかく近い!早く行かねば…とするAoiなのでした。

www.miyazaki-airport.co.jp

 

宮崎空港から台湾まで楽々でGO!直行便を使ってみた。

皆さん、こんにちは!

Asukaです^^

 

さて。

 

先日放送された、NHK宮崎の放送ご覧くださいましたか??

 

f:id:miyazakiiinbound01:20171218014005j:plain

 

我らが葵隊長の奮闘

宮崎インバウンド隊とはなんぞやが分かっていただけたと思います。

 

取材を担当された方、とても真摯に、丁寧に。

様々な場面を撮影してくださいました。

 

多くの方にご協力いただいた今回の放送。

皆様に感謝申し上げます!!!!

 

これからも宮崎インバウンド隊をよろしくお願いしますー♪

 

 

ーーーー

 

ということで、Asukaはビジネスパートナーに会いに台湾に行ってきました!

チャイナエアラインの宮崎からの直行便を使いましたの~^^

 

2度目の利用だったんですが、直行便ってやっぱりとっても楽ちん楽ちん♪

 

たった2時間15で着きました(^^)

 

通常、国際線がある大きめの空港ってめっちゃ歩くし待つし

結構体力使うんですが、

 

宮崎空港ならゆったりコンパクトに手続きもできますできちゃいます

 

とっても楽ちんに行ける場所なので、初めての海外旅行にも最適です!子連れでも安心快適3世代旅行なんか、もってこいですね。

 

 

台湾は美味しいもの楽しいもの可愛い~ものもいっぱいな超素敵な場所!

インスタ映えだってしちゃう場所!!

 

ほんでもって台湾の人って、

み~~~んなすごいいい人なんですよー!!!

 

だ!

か!

ら!

 

ぜひ多くの人に直行便使って台湾行って欲しい~と思いまして

レポートしますっ\(^o^)/

 

 

まずは宮崎空港へ。

 

 

駐車場から空港を見て、右側に「チャイナエアライン 中華航空」と「アシアナ航空」のカウンターがあります。

 

ほとんど2時間前からチェックイン可能なようです。

 

預けるスーツケースの検査を終えたのち、予約の紙やチケット&パスポートをもってチェックイン!

 

荷物の預け場所とチェックインが一緒になっているので、ここでちょっと並びます。

ちなみにチェックインなど対応してくださるのは日本の方です。

 

チェックインが終わると、手荷物検査です。

手荷物検査場は、国内と全く一緒のやり方&同じ場所

 

パソコンなどの電子機器類は取り出します。

 

手荷物検査を過ぎた後、国内線待合室に入って右奥に国際線待合口があります。

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20171218014534j:plain

 

f:id:miyazakiiinbound01:20171218014616j:plain

今回は、出発1時間15分前から入場ができました。

 

入ると液体物検査が待っています。

皆様御存知「液体物は透明な袋にまとめていれる」&「1リットルまで」となっています。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20171218014710j:plain

 

こんな感じで、ジップロックなどにいれてね~♪

(…雑な入れ方ですいません。笑)

 

ハンドクリームやリップクリームも含まれますので注意でっせ。

手荷物として持ち込むおみやげのチョイスにも注意したいところです。

ゼリーも液体物YO

 

大きめの液体物や機内で使わないものは、出来るだけスーツケースに入れてしまうのがいいかもです~!

 

 

続いて、税関。

パスポートのみを提示します。

 

出国のときは特に色々聞かれることなく、スーッといけますね。

 

ぽんっとスタンプをもらったらいよいよ飛行機に乗るのみ!

 

 

 

税関を過ぎると国際線待合室。

ちぃ~~~さな免税店があります。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20171218014808j:plain

台湾の方たちが買い占めていたのは

不動の人気「北海道」と書かれたもの。

 

宮崎だけど、

「北海道」と書かれたモノー!( ;∀;)!

 

大人気です。

 

夕張メロン味のポッキーのでっかいの。

北海道のミルクを使った飴。

 

北海道ブランドすごいです。

 

宮崎のものだって負けずに美味しいのに~~~

 

どうにか宮崎ブランドを確立させて、

お土産には「宮崎」って書いてるものを買っちゃうのよね~ってしたいところです。

 

 

ちょっと余談ですが

 

 

いつも思うのですが、待合室に成田などにあるガチャガチャを置いたらいいのになぁ~って。宮崎x日本っぽいもの入れたバージョンのやつ。

 

日本円に替えた小銭って、ほぼ自国のお金に戻さない。

キャッシュレスは進んでいるが、カード対応がなかなか進まない宮崎。

 

必然的に現金を持っている方が多いので、余った小銭を使えるガチャ(宮崎土産入り)があると使うと思うZO。待合室でやることも少ないしね。

 

 

 

ということで、ここまで来たら機内搭乗を待ちます!

 

チケットもぎって、てっこてこ。

f:id:miyazakiiinbound01:20171218014834j:plain

 

機内はこんな感じ。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20171218014907j:plain

 

エコノミーでも広めの座席。

とってもとっても快適ですー!

 

すぐ毛布も持ってきてくれた。やさしみ。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20171218014941j:plain

 

 

前回はビジネスを使用したのですが、こちらはもちろんもっと快適。

エコノミー3席分に2席ですので、ゆったり広い座席に、ウェルカムシャンパンから始まります。ちょっとしたご褒美にゆったり旅もいいですね!

 

機内食も美味しいです!^^

 

お野菜と鶏肉を炒めたものに甘辛いとろーりなソースがかかっていました。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20171218015029j:plain

 

 

このお食事から既に台湾の香りがします。

香辛料、ハッカクですね。

 

美味しく食べながら飛び交う台湾の言葉に酔いしれて

たった2時間15分で

 

 

台湾到着!!!!!

 

f:id:miyazakiiinbound01:20171218015106j:plain

 

ほんとに、あっという間ですっ!!!!!

 

 

パッといけちゃう海外、台湾の街中では、こんな風景が待っていますよ~。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20171218021245j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20171218021255j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20171218015142j:plain

f:id:miyazakiiinbound01:20171218015150j:plain

 これ電車の切符になるコイン!

ぴってするの。

f:id:miyazakiiinbound01:20171218021315j:plain

 

 

 

お腹もいっぱい!エネルギーもいっぱい!!

ノスタルジックな雰囲気も漂いますぜ!!!!

 

 

 

さて。

 

 

とは言っても奥さん。

お高いんでしょ~?

 

と思いの皆さん!!!!

 

気になるフライトのお値段は、

 

エコノミーで片道 約39000円

ビジネスで片道 約70000円

 

ですーーー!

 

LCCみたいな格安ではありませんが、

快適&安心な空間が保証されてます。

直行便で時間も使わないし、手間もかからないし、安心

とてもコスパいいと思います~♪^^

 

 

 

こんなに楽ちんなら、

ちょっ(・∀・)台湾ご飯&スイーツ食べにいってくるっ♪

ってのもできちゃいますわね!

 

 

とっても台湾が身近になるチャイナエアラインの直行便。

ぜひぜひ!!1度ご利用ください(^^)

 

もし使った方は感想や要望も教えてください~!

 

あ、ちなみに!

私はチャイナエアラインの回し者ではないです!笑

 

 

台湾のみんなが大好きなのです

 

一緒に仕事をしていても、とっても気持ちがいい。

すごく真面目で一生懸命。

優しさも溢れています。

 

いつも学ばせてもらっています。

 

そんな台湾&台湾人の魅力を宮崎の皆さんにも知ってほしいのですー!!!

 

もっともっと宮崎と台湾が近づくといいなー!

 

 

以上でございますっ

 

ではっ\(^o^)/

史上初、北欧からようこそ★フィンランドのお2人は電車でGO!

曇り空がちょっぴり寂しいお昼前、宮崎市の街中。

 

「さて、若草HUTTEでランチタイムだ!」とカリーノ宮崎横のオフィスから出てきた宮崎インバウンド隊Aoi。と、バックパックを背負って駅に向かっていると思しきお二方を発見!!

 

 

f:id:miyazakiiinbound01:20171129190653j:plain

快くついて行かせてくれた2人

 

"Welcome to Miyazaki!Excuse me but can I have your time a bit?"(こんにちは、ちょっとすみません少しだけお時間よろしいですか!?)

 

脊髄反射で突撃クイックインタビューを敢行してきました。電車の時間もあるので、宮崎駅に向かっててくてくと歩きながら…

 

今日のポイントは、「そんなガイドブック最高やん!」「魅力によって滞在日数は変わるよね」の2点です。お楽しみくださいませ!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Aoi: どちらの国からお越しですか?

 

フィンランドから来たよ。宮崎暖かくてすごくいいね!今の時期、僕達の国は氷点下だからね…笑

 

Aoi:日常的に氷点下を経験したことがない…確かに昨日(28日)は暑かったよね!電車で旅してるの?

 

-そうそう。JAPAN RAIL PASSで回ってるよ。フィンランド→成田→東京、大阪、奈良、松山(愛媛)、大分、宮崎、次は鹿児島に向かうんだ。大分は別府に行ってきた!

 

Aoi:今回の日本の旅はトータルでどれくらい?宮崎にはどれくらいいたの?

 

トータルで3週間だね!宮崎は1泊だけ。街中のホテルをとったよ。宮崎で行ったのは青島だけだね。

 

Aoi:行き先は何を見て決めたの?WEBサイトとか?

 

-いや、この電車を使って回る専用のガイドブックをフィンランドで買って、参考にしながら回ってるよ!すっごく便利だしまとまってるね。

 

f:id:miyazakiiinbound01:20171129190954j:plain

URL:Japan by Rail – The guidebook for discovering Japan by train

 

f:id:miyazakiiinbound01:20171129191703j:plain

 

Aoi: 電車で回る人に最高のガイドブックだ・・・そして細かい!!!メディアべた褒め…。宮崎回ってて不便なことや困ったことは無かった?

 

-特に無いね。食事がすーごく美味しかった!チキン南蛮食べたんだけど、すごく美味しかったよ~。

 

Aoi: やっぱりチキン南蛮か…!お口に合って嬉しい^_^貴重な時間付き合ってくれてありがとう!Have a nice day!!

 

◆Aoi後記◆

史上初、北欧からの訪日外国人観光客のお二人。SNSやWEBで情報収集してきたのかな?と思いきや、ガイドブックを参考にしっかり読み込んで移動されていたお二人。

Aoiも早速Amazonで検索すると、口コミ評価は5点中脅威の4.5!このガイドブックにどれだけ魅力的な宮崎の情報が載っているか?が滞在日数の鍵の一つだ、ということを改めて知ることとなったのでした。

 

ちなみにこのガイドブック発行元のウェブサイトJapan by Rail – The guidebook for discovering Japan by train「2019年から消費税10%に増税」「各カテゴリ(宿、レストラン等)の価格感」等の、海外からのお客様が絶対知りたい様な最新情報をしっかりアップされているのです。

該当URL→Updates and news – Japan by Rail

 

この日本円価格、自国通貨で何€?何$?とパッとは分かりづらいもの。これはものすごく助かるだろうな…という様な、使える情報が満載です。

 

日本語と比べて最新情報更新頻度が遅くなりがちな多言語ウェブサイト、やはり早急に対応が必要です。滞在期間は一泊より二泊、そこから三泊、最終的には1ヶ月!

 

ゆったりのんびり、長期滞在で宮崎を楽しんでいただける様、どんなツールで訴えかけるのが良いのか?引き続き調査を続けるであります!

若草通でバッタリ☆香港から個人で旅行中のファミリーに突撃〜!

 

皆さん、こんばんは!Asukaです。

 

一気に最近冷えてきましたね〜〜〜〜。^^

ホッカイロをお腹と背中に貼っております。

 

イルミネーションが盛んになる季節。

宮崎になイルミネーションが街にこんにちはしますよね。

 

私の一押しは田野町の「大根やぐら」イルミでございます!!!@田野駅

 

 

どどん。

f:id:miyazakiiinbound01:20171123202707j:plain

近寄ると…

 

どどん。

f:id:miyazakiiinbound01:20171123202659j:plain

全部でーこん。

 

田野町の冬の風物詩「大根やぐら」をそのままイルミネーションにしている。なんてブレないんでしょう、田野町

 

徹底的な「大根」ブランディングを図っている(?)、そんな田野町LOVEです。

 

 

ということで!

 

今日は、若草通で困っていた香港人の旅行客についてお届けしますー(^^)♥

 

 

ーーーーーーー

 

若草通のコーヒー豆とか紅茶を取り扱っている某店舗さん前で、なんだか困っている様子。。。(火曜日の出来事)

 

f:id:miyazakiiinbound01:20171123202713j:plain

 

Asuka:こんにちは!どうされましたか?

 

Chang一家(奥様):こんにちは。今、買い物がしたくて宮崎の街を見ているんだけど、なんだかどの店舗も閉まっているみたいで…今日は休日なのかしら??

 

Asuka:えと、この通りは店舗自体がもうやっていなかったり、今日は火曜日だからこの通りは火曜に閉めている店舗が多いみたい。何を買いたいの?

 

Chang一家(旦那さん) :シャツや靴、ベビー服が欲しいんだ!明日には帰っちゃうから、今日中にゲットしたいんだけど…

 

Asuka:この辺だと、山形屋やボンベルタは今日やってるよ。デパート形式で、求めるジャンルは置いているよー!(道案内)

 

宮崎まではどうやってきたの?

 

Chang一家(奥様):車で来ました。レンタカー。鹿児島にLCCで入って、レンタカーを借りて宮崎に来たの。明日鹿児島に戻って、香港へ帰るよ。

 

Asuka:そうなんだね。情報はどうやって得てきたの?

 

Chang一家(旦那さん):特に何かを見てきたっていうのは無いかな。日本では買い物をしたいなって思って気軽に来た感じ。

 

Asuka:ほう!香港の方にとって、日本はそれくらい気軽な場所になってきたんだね。ご協力どうもありがとうございました!

 

 

ーーーーーーー

 

 

■インバウンド実務主任者的Information■

 

 

AoiとAsukaは先日「インバウンド実務主任者」資格を取ったわけですが…

 

せっかくその際に様々な知識を頭にいれましたので、皆様にシェアしていきたいと思います!^ ^

 

 

今回の事例『香港個人旅行客』の増加について。

 

観光庁『訪日外国人消費動向調査(平成28年版)』によると、

 

2016年の訪日外国人2,403万9千人のうち、香港の方は183.9万人

中国、韓国、台湾に続いて第4位となっています。

 

伸び率は、前年比20.7%増!

 

 

 

 

 

そして、特徴的なのが…

 

約80%がリピーター!(平均は55%ほど)ということ。

しかも、そのうち20.7%が10回以上のリピーターなんです。

 

約90%は「個人」で旅行(平均は74%)しています。

※ちなみに個人旅行客は、FIT(Foreign Independent or Individual Tour)と呼ばれます〜 ^ ^

 

 

情報源は、1位が日本政府観光局ホームページ。

 (っていう人がアンケートに協力する率が高いんじゃないか疑惑…)

 

 2位が個人ブログ。

 

個人で予約して〜ってなったときって、自分に置き換えても、結構同じような経験した個人のブログを参考にしますよね。

 

香港の個人旅行客にリーチしたいと思ったら、WEB上での発信は必須。

インフルエンサーに協力を依頼するのも有効かもしれません!

 

 

ちなみに、香港は中国語は中国語でも…

繁体字(はんたいじ)です^ ^

 

 

・出典

www.mlit.go.jp

 

■平成 28 年における訪日外国人の消費動向 【国籍・地域別】

http://www.mlit.go.jp/common/001179487.pdf

 

 

では、おやすみなさい!